佐川氏証人喚問の中身があまりにも酷すぎる

誘導質問、粗い質問、そして答弁拒否…

時間が少なすぎたのは、小池氏以外の質問者も同じだ。日本維新の会の浅田均参議院議員は10分、希望の会の森ゆうこ参議院議員、立憲民主党の福山哲郎参議院議員、無所属クラブの薬師寺みちよ参議院議員の持ち時間に至ってはそれぞれ6分に過ぎなかった。

午後の衆議院で行われた証人喚問でも、佐川氏の“逃げ切り戦法”は変わらなかった。しかし安倍首相と昭恵夫人の関与については明確に否定。近畿財務局の職員の自殺についても、「亡くなった経緯について一切承知していない」と断言した。

答弁拒否の権利が濫用されていないか

野党が佐川氏に対して「決め手」となる材料を持っていなかった点も、佐川氏を逃がしてしまった原因のひとつだろう。さらに日本維新の党を除く野党は森友学園問題についてチームを結成し、合同でヒアリングを重ねてきたゆえ、質問方法や時間についてうまく連携すれば、もっと効率的に行えたのではないかとも思われる。証人喚問を終えた今なお、胸の中のモヤモヤ感が依然として消えない国民が多いのではないか。

(写真:ロイター/Toru Hanai)

そもそも証人喚問は憲法が衆参両院に保障した国政調査権のひとつでもある。その証人は議院証言法に基づき、自己または一定の範囲の親族、後見人などが刑事訴追を受け、または有罪判決を受けるおそれのある場合は、宣誓、証言あるいは書類の提出を拒むことができるが、その一方で、正当な理由なく証言を拒んだ場合、1年以下の禁錮または10万円以下の罰金に処されうる。

4時間余りの証人喚問の中で50回以上もの答弁拒否の全てが違法とはいえないだろうが、その権利が濫用されたのなら民主主義に反するものに他ならない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT