就活生は「釣り求人」に惑わされてはいけない

企画、コンサル…好感ワードで職種を「盛る」

今回は企業側がやっている求人にまつわる、釣り求人の手法について解説していきたい。「釣り情報」となる求人は、以下の3つに大別される。

1. 人気ワードを盛り込んだ「募集ポジション(職種)」
2. ちゃんと計算してみると損をしている「雇用条件」
3. 参考にはしてもそれだけで決めてはいけない「働いている人」

​どの企業も、人気人材(特に新卒人材やIT系の即戦力人材)を採用するために、あの手この手を使ってくる。では、大別した「釣り情報」について、それぞれ解説していこう。

1. 人気ワードを盛り込んだ「募集ポジション(職種)」

企業としては、「必要な仕事のポジション(職種)」でありながら、人材側からは「人気がない仕事のポジション」に関して、特に頭を悩ませている。そこでイメージを変えるため、職種の名称を工夫して求人を行うケースが少なくない。

一昔前、「SE(システムエンジニア)」という募集ポジションは、人気があった。IT業界全体が右肩上がりで伸びていて、その中でも特に市場価値が高く年収も高いSEに対し、魅力を感じる就活生が多かったからだ。しかし今、SEと聞いて、良いイメージを持っている就活生は、どのくらいいるだろうか? 「残業が多い」「何となくブラック」「35歳定年説」といった、マイナスイメージを持たれてしまい、現在は当時ほどの人気はない。

印象のよい”職業ワード”で、就活生を引きつける

どうしてそのように印象が悪くなったかと言うと、本当のSEではない「ITに関連するポジション(市場価値がそこまで高くない、年収も低い)」に対しても、SEという名称が多用されたからだ。つまり、人気者のSEに他の不人気なIT職種が便乗したことによって、イメージが悪くなってしまったのである。

そこで最近では、SEに変わる好印象な募集ポジションとして、「ITコンサルタント」や「Sier」(エスアイアー、募集ポジションではないが混同して使用)といった言葉を使うケースが出てきている。

こうした就活生の心を引き付ける”職業ワード”は、新たに出てきては消え、また登場する……そうしたいたちごっこを繰り返している。次のようなものが今、就活生の心を引きつける「募集ポジション」の一例だ。

コンサルティング営業「コンサル」という言葉を追加することでイメージを良くする。
企画営業「企画」と検索した際にヒットするようにしている。
アカウントプランナー実際は「広告営業」だが、横文字を使うことでスマートなイメージを抱かせる。
クリエイティブ◯◯「クリエイティブ」という言葉で就活生を引き付けるが、実際は泥臭い業務が多い。
◯◯ディレクター「ディレクター」とあるが、外注の進捗管理等の泥臭い業務が多い。
次ページ検索で引っかかるように・・・
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT