67の職種別で見た「派遣の時給」ランキング

IT系が上位独占、全体の平均時給は1527円

派遣の時給はどの程度の水準か、職種別にランキング形式でまとめてみた (写真:xiangtao / PIXTA)

「派遣」など非正規雇用者への無期転換ルールの適用が始まろうとしている。

これは、有期雇用で更新して合計5年以上働く派遣社員や契約社員が希望すれば、無期雇用に転換できる制度で、2018年4月から該当者が出てくる。さらに、9月末以降には3年以上の有期雇用派遣者を、直接雇用するか派遣元が無期雇用する必要がある。企業側は、制度の構築など、対応が迫られているところだ。

『就職四季報』特設サイトはこちら

制度面が注目されているが、では、派遣の給与(時給)はどうなっているのか? その実態を把握するために作成したのが、「職種別派遣時給ランキング」だ。

エン・ジャパンでは、派遣仕事のまとめサイト「エン派遣」に掲載されているすべての求人情報を集計し、募集時の平均時給を分析・公表している。今回、その三大都市圏(関東、東海、関西)の最新(2018年2月)の職種別時給データを使ってランキングを作成、派遣時給の高い職種順に並べた。

1位はWeb・スマホ系SEで2524円、5年で約500円増

派遣時給の経年変化を見るために、5年前の同時期(2013年2月)の時給を記載し、そこからの増減率も表記している。この5年間で時給が高くなった派遣業種、逆に低くなった派遣業種の傾向も見ることができる。

ランキングを見ていこう。1位はWeb・スマホ系SE(システムエンジニア)だ。時給2524円で、スマホアプリの開発やWebのeコマース用サイトの構築の需要がここ数年で急増し、技術者の奪い合いがおきている。5年前比の時給は23.1%増、500円近くも増加している。

次ページ上がるIT系、下がる医療・介護系
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 中原圭介の未来予想図
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。