「トイレの貼り紙」レベルの文章を変えるコツ

長い!つまらない!だから読まれない

相手の心に届く文を作るには?(写真:ExperienceInteriors / iStock)
文章をつくる際、要点を的確にまとめることは“基本のキ”。では、人に読んでもらえるような文章になっているでしょうか?
「短くなっても、面白い。つい読んでみたくなる、人に話したくなるような文章」を指南するのが、『博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ』の著書を持つ、ひきたよしあき氏です。
ひきた氏は、30年あまり博報堂でコピーやCM作りに携わり、現在では、政治、行政、大手企業などのスピーチライターを務める人物。これまで実践してきた中で、本当に役に立つ、文章作成のノウハウを公開します。

何を言いたいのかわからない文章

トイレで、こんな貼り紙を見かけたことがありませんか?

「ペーパーハンドタオルが床に置かれたままですと、誤ってほかの人がトイレに流してしまう詰まりにより使用ができなくなります。次の方のためにも、皆様、ご協力をお願いします。」

わかりにくい文章ですね。何を「ご協力」すればいいのでしょう。なぜ、こういう表現になってしまうのでしょう。この貼り紙は、もっと簡潔にまとめることができるはずです。

「使用済みのペーパーハンドタオルは、所定のごみ箱に捨ててください。」

このほうがずっとわかりやすいでしょう。

これを書いた人も、はじめはそのつもりだったのかもしれません。しかし、書き進むうちに「強い書き方をしてクレームがくると嫌だな」とか、「命令口調って苦手なんだよなぁ」という感情が湧いてきたのだと思います。

このように、いきなり書きはじめると気分や感情に支配され、文章にエクスキューズ(言い訳)が増えていきます。さらに、「もっと詳しく説明したほうがいいのではないか」という迷いが生まれ、文章がどんどん長くなります。

まずは、「トイレにこの貼り紙を掲示する目的」を書く。「使用済みペーパーハンドタオルを、ゴミ箱に捨てさせる」という要約文を書くことができれば、あとは文章を多少やわらかくしたり、状況を説明したりすればいいのです。言いたいことから逃げ、要点をぼかすと、文章は長くなるのです。

次ページ膨大な資料の中から要点をつかみとるには
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。