「トイレの貼り紙」レベルの文章を変えるコツ

長い!つまらない!だから読まれない

これだけで、相手はあなたと同じ認識の土俵で報告書やレポートを読むことができます。この順番で書き出しをはじめ、その後に、目的や利用を表す「なぜ(Why)」と、手段や方法を示す「どのように(How)」という、文章の主目的になる部分を書いていく。こうすれば、あなたの文書は格段に読みやすく、興味をそそるものになるでしょう。

読み手に「頭を使わせる」テクニック

さて、基本の短い文章が書けるようになったなら、忙しい相手に確実に、必要な部分を読んでもらうためのテクニックをひとつお教えしましょう。

それは、「Q&A(問いと答え)」方式で書くことです。相手が疑問を抱く内容を想定し、それに応えていく。たとえば、

地下フロアは、マーケットとしての利便性のみならず、レストラン機能が充実している面も強調すべきである。なぜならイートイン機能のついたコンビニが増え、「買ってすぐ食べる」スタイルが定着しつつあるからである。

と書くよりも、

Q.なぜ、地下フロアのレストラン機能を強調する必要があるのか。

A.マーケットの利便性だけでは顧客満足が得られないから。イートイン機能のついたコンビニが増え、「買ってすぐ食べる」スタイルが定着しつつある。

と、「Q:質問」の部分を設けたほうがわかりやすくなります。

テレビの世界でも「苦しいときのクイズ頼み」という言葉があるように、クイズ形式には人を惹きつける力があります。それは、視聴者に「ちょっと考える」ことを強いるからです。文章も同じ。ときには読み手に「頭を使わせ」ましょう。

『博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「Q&A」で文章を書いていくテクニックを身につけるには、日頃から何にでも自問自答する習慣を身につけることが大切です。たとえば、スーパーマーケットの店員なら、

「なぜ今日は、肉が売れたのか?」

「それは熱帯夜が3日続いていると訴えたから。危険なほど暑いときは、さっぱりした食品を訴求するより、“スタミナ”を訴えたほうがいい」

「なぜ急に、オイルサーディンの缶詰が売れたのか?」

「受験の季節なので、テレビで“DHAの脳への効果”という情報が流れたから。この季節は、受験生向けの商品が売れる」

など、つねに「なぜ」「~だから」と自問自答するようにします。これも、文章力をアップさせるコツです。

以上、短くても相手の心に伝わる文章のコツをいくつかご紹介しました。企画書、提案書、メール、エントリーシート、SNS、手紙など、文章を書く場面はたくさんあります。これまで文章を書くのが憂鬱だったという人も、コツさえつかめば相手の心に届く文を作ることができ、書くことが楽しくなるでしょう。これらのテクニックが、みなさんの文章力向上に役立てば幸いです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT