「トイレの貼り紙」レベルの文章を変えるコツ

長い!つまらない!だから読まれない

そこで参考にしたいのが、森鴎外が各所に散らばっていた『桃太郎』をまとめた、あの有名な書き出しです。

「むかしむかし(When)、あるところに(Where)、おじいさんとおばあさんが(Who)、いました(What)」

どうでしょう。この一文だけで4つのWを使っています。この順番で冒頭の文章を書いてみると、端的に状況を説明することができるのです。

時間(When)と場所(Where)は、どちらが先でもいいように思いますが、人間の心理は、どこで起きたのかよりも、いつ起きたのかを先に知りたいものなので、この順がベストといえます。

「昨日16時、大手町の鹿島商事で、山崎社長と面会しました」
「2017年6月10日、京都市伏見の㈱ペーパームーンで、太田社長が新製品を発表しました」

「1868年3月14日、田町の薩摩藩邸で、東征大総督府下参謀・西郷隆盛と、旧幕府徳川家陸軍総裁・勝海舟の会談が行われた」

この方法は、報告書やレポートなどを書くときはもちろん、口頭で報告するときにも有効です。シャープな印象を人に与えることができるでしょう。

結論をわかりやすくする「早い話が」の力

こうして、文書を書き出したら、次に続くのは、「結論」です。「結論を先に述べよ」とはよく聞く言葉ですが、とくに、ビジネスでは大切なこと。

非常に参考になるのが、コピーライターの仲畑貴志さんの言葉「『早い話が』と言ってからコピーを書け」です。

「早い話が」という言葉を思い浮かべたのちに「カゼは社会の迷惑です」(武田薬品工業・ベンザエース)となる。

「早い話が」ときて「目の付けどころがシャープでしょ」(シャープ企業広告)と続く。

当時の仲畑作品を眺めながら「早い話が」の力に驚いたものです。

みなさんも、このやり方を応用してみましょう。結論を示す際、前置きはいりません。「早い話が」に続く文章を書くのです。

「(早い話が)これからの受験生には読解力が必要です」

「(早い話が)この商品は、市場導入は時期尚早という結論に至りました」

じつに気持ちよく、結論がわかります。この結論の前に、先ほどの『桃太郎』の冒頭4Wを足してみましょう。

「昨日、東京大学で光永教授と新入試制度について話してきました。これからの受験生には読解力が必要です」

次ページ忙しい相手に確実に、必要な部分を読んでもらうには
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT