日本人が超苦手「叱咤激励」の正しいやり方

「頑張れ」ではなく、4つのステップが必要だ

最後は、いよいよ背中を押す「激励」のステップです。ここでは相手が言ってほしい言葉をかけることが重要です。気合いを入れてほしいのか、自信を与えてほしいのか、寄り添ってほしいのか、安心感を与えてほしいのか……相手が何を望んでいるのかを見極めるのです。

例:気合いを入れてほしい、奮い立たせてほしいと思っている相手には
「大丈夫、君ならできるよ」「あの努力は誰にもまねできない」「思い切って力を出し切ろう」「私たち以外にこの問題を解決できるチームはいない」「今、すごくいい風が吹いてきている。思い切りのっていこう」
例:安心感を与えてほしい、自信を持たせてほしいと思っている相手には
「いつでもサポートするから」「何かあったらすぐに助けるよ」「みんな君の味方だ」「いつもどおりで十分だよ」

自分自身の自己肯定感を高めることもできる

人は、それぞれ言ってほしい言葉があります。状況によってもかけてほしい言葉は変わってきます。誰に対しても「頑張れ!」の一点張りではなく、背中を押す一言を考えてみましょう。

『外資系コンサル流・「残業だらけ職場」の劇的改善術』(PHP研究所)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

この4つのステップで考えると、相手の気持ちや状況を認め、プラスに転換し、集中すべきことに心を向け、背中を押す声がけができ、結果的に相手の自己肯定感を高めることにつながります。そして、この声がけは自分自身や子どもに対しても有効です。

日本人は自己肯定感が低いという調査結果をよく耳にしますが、自己肯定感が低い状態では当然ながら困難な状況に立ち向かうのは難しいと言えます。ビジネス環境が激しく変化する時代、いいことばかりではありませんが、そんなときこそ、このペップトークの4つのステップで周囲や自分に声がけしてみましょう。マイナスの状況をプラスに変換する励ましができれば、いま抱えているさなざまな問題を乗り越えていく活力が生まれてくるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT