トヨタが初披露した「UX」と「スープラ」の形姿

ジュネーブショー2018の出展車を総まくり

このジュネーブショーではEVが人気を集める反面、トヨタが欧州市場における乗用車へのディーゼルエンジン搭載終了を明らかにするなど、ディーゼルへの逆風は止む気配を見せていない。このほか市販を見据えた現実的なコンセプトカーとしてはスバルが「ヴィジヴ ツアラー」を、BMWが「M8グランクーペ」を投入した。

スバルの「ヴィジヴ ツアラー」(筆者撮影)

空飛ぶクルマ

最後にジュネーブショーでは見逃せない、イタリアのカロッツェリアについて紹介しておこう。ピニンファリーナは香港の企業と共同開発した電気駆動のグランツーリスモ「HK GTコンセプト」と、限定12台の燃料電池スーパースポーツ「H2スピード」の市販バージョンを発表。イタルデザインはランボルギーニ・エンジンを備える限定5台の「ゼロウーノ」のロードスター、そしてアウディおよびエアバスと共同開発した空飛ぶクルマ「Pop.Up Next」の改良版を披露した。

空飛ぶクルマ「Pop.Up Next」の改良版(筆者撮影)

そしてジョルジェット&ファブリツィオのジウジアーロ親子と組んだ中国資本のGFGスタイルは、御大ジョルジェットの母親の名を冠した高級サルーン「シビラ」のコンセプトカーを発表した。いずれも少量生産に的を絞った凄みはあるものの、外国資本に頼るゆえかパワーユニットが従来と異なるせいなのか、かつてのイタリアン・デザインに馴染んだ感覚からすると、少し慣れが必要に思えた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?