カーリング娘の会話術がこんなにも深い理由

カワイイ「そだねー」だけじゃない信頼と結果

カーリングは「氷上のチェス」とも言われるほど、戦略の重要度が高いスポーツ。そんな「つねに頭を使う緊張感のある状況にもかかわらず、自然体でコミュニケーションできる」のがLS北見の持ち味でした。だから彼女たちには、「練習の時はうまくできたのに、いざ本番になったら全然ダメだった」というケースが少なく、平昌五輪という大舞台でも普段の力を発揮できたのです。

勝負どころで力を発揮できるムードづくり

事実、LS北見は勝負どころの終盤8~10エンドで強さを発揮するシーンが目立ちました。ラウンドロビンでは、金メダルを獲ったスウェーデンに3点を取って逆転勝ち。銀メダルの韓国にも4点を取って逆転勝ち。準決勝の韓国戦でも3点を取って延長戦に持ち込み、イギリスとの3位決定戦でも3点を取って逆転勝ちしました。いずれも終盤に入って緊張感からミスが増えた相手チームとは対照的に、得点を重ねていったのです。

カーリングの「つねに頭を使う緊張感のある状況」という点は、ビジネスシーンも同じ。彼女たちの活躍を見ていると、「社員同士が自然体でコミュニケーションできるムードを作れば、一人ひとりの力を引き出せる。勝負どころで力を発揮できるのではないか」と感じてしまうのです。

最後に1つ、触れておきたいのは、“コンシード”について。これは「逆転が難しいほど大差がついたとき、自ら相手に握手を求めて敗北を認める」ことであり、日本女子チームもカナダ戦とスイス戦でコンシードしました。

コンシードには、敗北を認める潔さだけでなく、相手を祝福するという気持ちも込められています。もともとカーリングに審判がいないのは、プレーヤー同士でセルフジャッジするフェアプレー精神がベースにあるからであり、相手のプレーを邪魔したり、失敗を喜んだりすることはありません。

約2~3時間ものプレー時間にわたって理性を保ち、フェア精神で振る舞う。カーリングは技術や勝負とは別に、そんなすばらしい精神を見て楽しめるスポーツなのです。だからこそLS北見のメンバーは、単に「かわいくて明るいから」「北海道の素朴な子だから」ではなく、一人ひとりの人間としても、組織的なチームとしても、輝いて見えたのではないでしょうか。

今回はリザーブに回った経験豊富な本橋麻里さんですら、まだ31歳であり、藤澤さん、知那美さん、鈴木さんは26歳、夕梨花さんは24歳。試合中ここまでチームメイト間で会話を交わすスポーツはほかにないですし、だからこそ若い彼女たちのコミュニケーションから学べることは多いのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT