ゴルフ「PGAツアー」知られざる生き残り戦略

副社長が語る日本ゴルフ界との連携の狙い

PGAフェニックスオープンでのリッキー・ファウラーのショット。後ろには多くの観客が見つめている(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

米国アリゾナ州TPCスコッツデールで2月に開催された、PGA TOUR(米国男子ゴルフツアー)フェニックスオープンは松山英樹の大会3連覇がかかっていたが、第2ラウンドスタート前に棄権して大会3連覇はならなかった。

しかし、PGA TOURで最大の観客数を誇るこの大会は、1週間で延べ70万人近くの観客を集めた。日本の男子ツアーは、日本ゴルフトーナメント振興協会によれば、2017年の年間入場者数(総ギャラリー数)が29万2805人(国内24試合、アジアツアー共催の2試合を除く)だから、たった1週間で日本の男子ツアーの入場者数を大きく上回る観客を動員している。PGA TOUR恐るべしである。

日本の男子ツアーとは規模がケタ違い

2017-18シーズンの試合数は49、賞金総額3億6300万ドル(約400億円)で、日本の2018年男子ツアーJGTO(日本ゴルフツアー機構)の試合数25、賞金総額35億円755万円と比ぶべくもない。

そんな日米のツアーの格差が大きい中で、昨年12月JGTOと米国PGA TOURが提携することを発表した。基本契約の概略は以下の4項目だ。

・JGTO及びPGA TOURは個々の発展を相互に支援するためにより緊密かつ戦略的に協同する。
・将来を見据えた日本国内におけるPGA TOURとの共同開催の実施
・PGA TOURのノウハウ提供(トーナメント運営、選手教育、その他)
・各々のツアー及び選手のマーケッテングやプロモーションについて相互に支援する。

日本側には、米国側のビジネスモデルや選手教育など、参考にすべきことがたくさんあると思うが、米国側のメリットは何であろうか。

2月に来日したPGA TOUR副社長でグローバル・ビジネス・アフェアーズの肩書を持つタイ・M・ヴォータウ氏にインタビューする機会が得られたので、PGA TOURが目指すものや、JGTOとの連携の狙いについて聞いてみた。

次ページヴォータウ氏はどんな人物なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT