「東大合格の秘訣」を野球部・浜田監督が伝授

野球も勉強も勝手に限界を作ってはいけない

東大野球部の浜田一志監督に、東大合格の秘訣を聞いた(筆者撮影)  
東大の野球部を率いる浜田一志監督は、個別指導型学習塾「Aⅰ西武学院」の経営者という顔も持っている。部活動をしている中高生が対象で、これまでの23年間で、のべ7000人以上の生徒を指導してきた。
東大野球部監督としても、東京六大学野球のリーグ戦のオフ期間には全国の進学校の野球部を訪問したり、毎年8月に東大球場で「高校生練習会」を実施したりしながら、高校球児たちに東大に合格するための勉強法などを伝授している。浜田監督に自身の経験から得た、東大に合格する秘訣を教えてもらった。

自分の可能性を信じることが第一歩

「自分で勝手に限界を作るな! 野球も勉強も『こんなもんだろう』と思うとそこまで。自分の可能性を信じてチャレンジ」。これは、東大を目指す高校球児たちに伝えている言葉です。

高校の野球部にはいろいろな目標のレベルがありますが、「甲子園に出るのは無理だろうな」と思うと、出られません。本気で「甲子園で優勝してやる」と思わなければ、日本一にはなれないでしょう。勉強も同じです。「東大に入るのは無理だ」とあきらめたら、合格できません。

受験では、答えがあらかじめ用意されています。ということは、しっかり対策をして努力を続ければ、必ず答えに到達できる。現役合格か浪人した末の合格かは別として、東大入試にも合格というゴールに到達できる方法があるということです。「できない」「無理だ」という壁を作るのは自分。それを取り払って、自分の可能性を信じて進んでほしいと思っています。

東大には毎年約3000名が入学します。そのなかにはクイズ番組の「東大王」に出るような天才もいますが、それはごく一部です。多くの東大生は問題を見た瞬間に正解できる天才ではありません。正解にたどり着くまで努力を続けられる天才なのです。

E.H.エリクソンの発達段階説によると、人間の発達には「乳児期」「幼児前期」「幼児後期」「児童期」「青年期」「成人期」「壮年期」「老年期」の8つの段階があります。青年期(13歳から22歳頃まで)にはアイデンティティが芽生え、将来はどういう生き方をしていくべきかを考えたり、自分らしさを形成したりするようになります。その基礎ができるのは「幼児後期」(3歳から6歳頃まで)と「児童期」(6歳から12歳頃まで)。「幼児後期」に自分の考えで積極的にものごとに挑戦しようとするようになり、「児童期」に勤勉に努力することを覚えるようになります。

次ページ運動が努力を続ける土台を作る
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。