人望のない人はだいたい「世代の違い」を語る

自分の常識を押し付けると空気はよどむ

これは私が多くのリーダーと接してきて感じることですが、リーダーがついやってしまいがちなのは、自分が引っ張らなければならない、影響を与えなければならないとの意識が強すぎて、メンバーを自分のテリトリーに引き入れようとすることです。しかし、それは結局、メンバーを自分の価値観に一方的に合わせさせようとすることと、仕事のレベルアップとを混同しているだけのことです。

「世代の違い」に迎合せず、受け入れて活かす

こういう時に“できるリーダー”は、メンバーを自分のテリトリーに引き込むのではなく、相手のテリトリーに、しかも存在感を出さずにうまく入っていきます。強く引っ張る必要がない場面では、メンバーに合わせられることは、できるだけ合わせてしまいます。

ただし、それは「相手に迎合すること」ではありません。中には流行りの歌を覚えたり、若者の言葉やファッションを真似したりする人がいますが、それをしたからといって「距離が近づいた」などと勘違いしてはいけません。そもそも「世代の違い」は何をしても本質的に埋められるものではなく、結局は「わかったつもり」にしかなれないのです。

ここで大事なことは、お互いの違いを理解して、その違いを尊重した関係作りをすることです。

メンバーに自分の意志が上手く伝わらなかったり、相手の行動、態度、言動に違和感を持ったりした時に、「世代の違い」を感じることは日常的にあるでしょう。そんな時に「今どきの若い者は……」に代表されるような言葉を、ついつい口にしてしまう人も多いでしょう。最近は「ゆとり世代」に関する話が多いですが、古代エジプトの記録にも「今どきの若い者は……」というニュアンスの記述があるといいますから、これは時代を問わない人の習性と言えるものなのでしょう。

自分たちの世代では常識だと思うことでも、他の世代にとっては非常識だということはたくさんあります。ここで自分たちとの違いばかりを嘆いても、物事は前に進みません。それを批判するのではなく、相手世代の常識を知り、それを受け入れたうえで折り合い方を考えなければなりません。

「自分の常識」ばかりを押しつけると、チームの空気は確実に悪くなります。“できるリーダー”は、「世代の違い」で言い訳せず、その違いを受け入れて、チームによい空気をもたらすよう工夫します。「世代の違い」を活かすための取り組みを、今からぜひ始めてみて下さい。

アルファポリスビジネスの関連記事
適切な「権限委譲」がメンバーの育成につながる
信頼されるリーダーは「正しい厳しさ」をもっている
リーダーの仕事観がチームの空気を左右する
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。