「iPhoneのホーム画面」をすっきり整理する技

アプリのアイコンは「まとめて移動」する

1つひとつ動かしていくと、指を離す場所を少し間違えただけで順番が変わってしまったりすることもあるが、複数選択ならその心配もない。ややトリッキーな操作方法で、普通にiPhoneを使っているだけだとなかなか気づかないかもしれないが、覚えておくと便利だ。

2.不要なアップル純正アプリをアンインストール

元々はシンプルだったiPhoneだが、OSがアップデートされるたびに、徐々に機能やサービスが多彩になり、それに伴い、最初から入っている(プリインストール)アプリも増加傾向にある。確かにその機能やサービスを使う人にとっては、アプリをインストールする手間がかからず便利かもしれないが、使っていないアイコンが放置されているのはスペースの無駄。ホーム画面に並べておくと、間違ってタップして起動してしまうこともある。

プリインストールアプリも、削除可能だ(筆者撮影)

これを避けるため、使っていない純正アプリは、フォルダにひとまとめにしてしまうという手がある。ホーム画面の最後にひっそりと並べておけば、間違って触れてしまうことも少なくなるだろう。ただ、それでも検索で探してアプリを使う際などに、ヒットしてしまうことはある。プリインストールされているアプリも、不要ならば消してしまったほうがいい。

実はiOS 10からは、プリインストールアプリでも不要なものはアンインストールできるようになっている。アプリの削除方法は、App Storeからインストールしたサードパーティのアプリと同じ。アイコンをロングタップして、左上に表示される「×」ボタンをタップするだけだ。「設定」アプリの「一般」から、「iPhoneストレージ」を選択し、該当するアプリを選んで削除してもいい。使っていないプリインストールアプリをアンインストールして、ストレージの容量を節約したいようなときには、ここから削除する対象を選ぶといいだろう。

次ページパソコンでiPhoneの画面を編集
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT