日本野球の対極にある「ドミニカ野球」の正体

DeNAの筒香選手は野球観が大きく変わった

「堺ビッグボーイズでも、子どもたちには、なぜできない、とか、押し付けの指導はしません。親御さんにも、“こういう方針でやるので、何か言いたくなってもぐっとこらえてください”と言っています。

そして、失敗したあと、彼らがどうチャレンジしているのか、その過程でどう声をかければいいのかを一緒に考えてもらっています。ぐっと我慢するだけではなく、子どもをちゃんと見て、背中を押すべきときは押す、これが大切なんです。できたときにはそれを見逃さずに、このチャレンジを続けよう、と、励ます。タイミング良い声かけも必要です」

阪長が筒香嘉智に見せたかったのは、ドミニカ共和国のレベルの高い野球だけではない。試合の合間に、少年野球や現役メジャーリーガーの練習に触れる機会を用意した。そこで筒香は日本で自分が経験した野球とはまったく異質の野球に触れて、意識が変わったのだ。まさに「百聞は一見に如かず」だ。

142人の野球少年は、ほとんど傷ついていなかった

阪長は筒香だけでなく、指導者や野球関係者をドミニカ共和国に連れていき、現地のウィンターリーグから少年野球まで、野球視察をしている。今年初めにも視察ツアーを行ったが、この一団にはスポーツドクターの古島弘三も参加していた。古島は群馬県の慶友整形外科病院スポーツ医学センター長。

日本のトミー・ジョン手術(側副靭帯再建術)の第一人者であり、群馬県の学童野球指導者に選手の肘障害に対する予防と対策について講演を続けている。今回、古島は少年野球の視察に加えて、ある目的をもっていた。

「ドミニカ共和国の野球少年のひじ、肩の状態を検査しようと思っていたんです。142人の子どもを検査しました。日本では2~8%の割合で見つかる外側障害である離断性骨軟骨炎(OCD)はゼロ%、日本の学童では半数以上経験している肘内側痛の既往は15%にみられただけです。本当に驚きました。しかも子どもの頃にまったく酷使をしていないから、成長期で負担がかからず、大人になって身長も大きく伸びるんですね。現地の指導の様子にも感銘を受けましたが、子どもたちは健康の面でも本当に守られているな、と実感しました」

阪長は全国を回って、指導者セミナーを行っている。そこではドミニカ共和国の野球を紹介しつつ、それと比較して日本の指導者(野球以外の部活も含む)に、現状について気づかせている。

今年に入って大阪で行われたセミナーでは、阪長は集まった指導者たちに1つの問いかけをした。

次ページドミニカと日本の最大の違い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT