国枝慎吾世界一の裏に丸山流「コーチング術」

車いすテニスのジュニア選手向けイベントも

車いすテニスのジュニア選手2人を指導する丸山弘道コーチ(撮影:本間正広)

テニスファンにとって待ちに待ったシーズンがやってきた。1月28日、メルボルンで決勝を行った4大大会初戦の全豪オープン・男子シングルスでロジャー・フェデラー(スイス)が優勝。大会連覇とともに、グランドスラム通算20勝を挙げた36歳のベテランは、2017年シーズン序盤のケガと長期休養を乗り越え手にした勝利に感極まり、表彰式で男泣きした。

全豪オープンではもう1人、右肘手術による低迷からの復活で歓喜の涙を流した男がいた。2015年9月の全米オープン以来、実に2年4カ月ぶりのグランドスラム優勝を果たした、車いすテニスの国枝慎吾(ユニクロ)だ。

ケガから復活し優勝した国枝選手(写真:丸山コーチ提供)

現在33歳の国枝はグランドスラム男子シングルスで通算21勝(ダブルス通算20勝)という歴代トップの記録を持つ。

また、障がい者スポーツ大会の最高峰であるパラリンピックではシングルスで2個、ダブルスで1個の金メダルを獲得。全豪オープンを終えた最新の世界ランクは3位だが、2006年から2015年までは世界ランク1位が指定席だった。

そんな国枝を17歳の頃から指導し、世界一へと押し上げたのがテニスコーチの丸山弘道だ。

自身もかつてはプレーヤーでジュニア時代は全日本ランク10位、インカレにも出場するほどの実力者だった。大学卒業後は民間企業に就職し、4年間の勤務を経て実家のある千葉県柏市へ戻った。

そこからテニスの経験を生かし、国枝が競技を始めた11歳の頃から練習拠点にしている吉田記念テニス研修センター(TTC)に再就職。以来、コーチとして健常者テニスのジュニア育成を経て、1999年から車いすテニスの指導にあたっている。

念願だったジュニア育成に本格着手

丸山は国枝慎吾という偉大な世界チャンピオンを育てた経験を、次代を担うジュニア世代の育成に注ぎたいとかねて切望していた。しかし、テニススクール時代はあくまでも一社員。国枝の海外遠征や国枝以外の選手指導、さらには部下をまとめる仕事などが山積し、時間的にも労力的にも余裕がなかった。

しかも、丸山には「自分の特色を打ち出したい」という強い希望があった。そのため2014年に独立。株式会社「オフィス丸山弘道」を設立し、引き続き国枝ともう一人、トッププレーヤーの三木拓也(世界ランク11位)のプライベートレッスンを主な業務としながら、翌年には一般社団法人「道夢」も設立。自社主催のジュニア向けテニスイベントを開くようになった。

次ページ昨年12月、ようやく実現したイベント
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?