日本は中東欧諸国との関係を深めるべきだ

「懐の深さ」が求められている

1月14日、リトアニアの杉原千畝記念館を訪問した安倍首相夫妻(写真:ロイター/アフロ)

安倍晋三首相は、今年1月半ばにバルト三国を含めた旧東欧諸国を歴訪した。この地域の動きが現在の世界の動きを凝縮している点においても、旧東欧諸国をこのタイミングで訪問したことは、まさに時宜を得た歴訪だったといえる。

EUの中でも、これらの旧社会主義圏の国々は2004年以降にEUに正式に加盟した国々であり、いまだEUの外にあるか、EUに入っていてもシェンゲン協定(欧州国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定)の外にあるか、さらにはユーロ圏の外にある地域も多い。経済力や国の大きさ、宗教的色彩、文化的色彩において、EUの中核であるフランスやドイツの事情とは大きく異なっている。

中東欧と他の欧州諸国との「距離感」

とりわけ中東欧地域は、難民の受け入れやウクライナ、ロシア地域との関係をめぐってEUとは異なる態度を取っている。

東欧諸国(写真: hs6 / PIXTA)

筆者も一昨年と昨年、バルト三国、ポーランド、チェコ、クロアチア、スロベニアを数回にわたって回る機会を得たが、その印象という点からいえば、中東欧は今、EUの中でフランス、ドイツにやや距離をとりながら、自らの戦略的位置を見直しつつあるといったところであろうか。

2015年から激増した中東やアフリカからの難民をどう受け入れるかをめぐっては、彼らの受け入れを拒否し、徹底した国境封鎖政策をとったのが、この地域であった。右翼政権の誕生や、反民主主義勢力の台頭と報道されるのは、こうした政策のゆえである。

この地域には、EUの中の後背地といった役割が与えられてきた。1人当たりの所得で見ても、ウクライナ、ブルガリア、モルドバ、ルーマニア地域を最底辺として、EUの中の”アフリカ”といった様相を示している。かつてチャーチルが述べた鉄のカーテンは、格差の鉄のカーテンという点で今も健在である。

次ページ勝ち組・負け組が拡大EUで顕在化
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT