残念なリーダーがわかってないチームの本質

仲良しグループで終わらせない5つの共感力

拡大する組織と衰退する組織の違いは、単なるその場かぎりの仲良しグループなのか、それとも全員が1つの目標に向かって協力し合えるチームなのかによります。グループではなくチームであるために必要不可欠なのは、リーダーの存在です。リーダー不在のチームは、統率力を失い、いずれグループとなり、確実に崩壊していきます。仮にリーダーがいたとしても、リーダーとして機能していないのなら結果は同様です。

真のチームを創るためのリーダーのあり方

『困った部下が最高の戦力に化けるすごい共感マネジメント~売上を伸ばしているリーダーが実践している最強チームの作り方』(ユサブル)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

真のチームを創り上げるために、リーダーには何が求められるのでしょうか。幼少時より野球を通してチームに所属してきた私が、チーム力を高めるために最も大事にしているものがあります。それは「共感力」です。

共感力とは、文字どおり他人に共感する力のことです。他人の気持ちがわかる力ということであり、他人に自分の気持ちをわかってもらう力ということでもあります。そこにさらに、お互い共感することで発揮される力という意味も込めて、私は共感力という言葉を使っています。

具体的には5つの手段があります。

(1)感謝を伝える
(2)可能性を信じる
(3)誤った行為をしかる
(4)感情を共有する
(5)チーム心を養う

上記をさらにかみ砕いてお伝えしましょう。

(1)感謝を伝える=大切な人に、きちんと言葉で感謝を伝える
(2)可能性を信じる=大切な人の可能性を最後まで信じ、相手の自信を育ててあげる
(3)誤った行為をしかる=しかるときは人格を否定せず、誤った行いを短い言葉でしかる
(4)感情を共有する=恥ずかしがらず、喜怒哀楽を一緒に表現する
(5)チーム心を養う=「チームのために自分には何ができるのか?」を全員が自問自答できる雰囲気をつくる

最初からすべてを完璧にできるリーダーはいませんが、なんらかの組織を設け、達成したい目標があるのなら「チーム」の結束力は必要不可欠。そのためにはリーダーとしての資質をいやでも身に付ける必要があります。共感力を高めるのは、その一歩ともいえるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。