信頼される人は「オウム返し」で聞いていた!

「波長を合わせる聞き方」のすごすぎる効果

聞き上手になるにはどうしたらいいでしょうか?(写真 :IYO / PIXTA)
ビジネスシーンで雑談は不可欠。ところが、無理に話そうとするあまり、自分の話したいこと、聞きたいことばかりが先行し、会話を盛り上げるどころか、相手の気分を害してしまった経験はないでしょうか? 「話し上手は聞き上手」ともいいますが、どうすれば聞き上手になれるのか、イマイチわからないもの。『話がいまいち盛り上がらないと悩んでいる人が知っておきたい 雑談の心理術』の著者、松橋良紀氏に、「聞き上手になる方法」を教えてもらいました。

信頼されないのは、相手と波長があっていないから

目の前の人と会話で信頼関係を築くうえで、欠かせないのが「波長合わせ」の技術です。これを心理学の用語で「ぺーシング」と呼びます。
ペーシングの技術は、私がこれまで執筆したすべての書籍で必ず紹介しているほど、とても重要なスキルです。

相手の“ぺース”に合せるから、ペーシングです。なんとなく「この人とは馬があうな」「気が合うな」と思う人がいるかもしれませんが、それはその人と自分のペースが合っているからなのです。ペーシングは意図的に相手と自分のペースを合わせるテクニックです。

一方、自分がリードして、会話の方向性を誘導することを「リーディング」といいます。商談などで、名刺交換をしたら、ずっと自社製品のアピールをする人がいますよね。こういうアピールや売り込みが、リーディングです。

ぺーシングをしないで先にリーディングしようとしても、相手はついて来ないし、嫌われるしで、損なことばかりです。ところが、しっかりとぺーシングすると、リーディングにもすんなりとついて来てくれるようになるのです。こうなればしめたもの。

ではさっそく、役立つペーシングの手法をご紹介します。

次ページペーシングの種類とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT