市川高校の「棚田ビジネス」は何が秀逸なのか

高校生ビジネスプランの第5回大会で優勝

「教育大改革がやってくる中、今まで以上に子どもたちが主体的に考えながら学ぶ環境を作ることが重要です。私が思うに、アクティブラーニングはやろうと思うとなかなかできない。グランプリに参加するというアクションを起こすこと自体がアクティブラーニングに繋がります。その意味で、手軽な手段として活用すべきと思います」

高校生の真摯さの力

この最終審査会の名物は、先輩の経営者の講演と参加高校生との対話です。ロールモデルとなる大人に会うことが起業家教育では大事ですが、審査会でもその機会を提供しています。第1回のガンホー・オンライン・エンターテイメント創業者の孫泰蔵氏に始まり、ユーグレナの出雲充社長、リブセンスの村上太一社長、ウォンテッドリーの仲暁子社長が高校生と語り合っています。

会場の様子(写真:日本政策金融公庫)

今年は、人工クモ糸の合成に成功し、石油に依存しない新素材で未来を切り開くスパイバーの関山和秀社長。成長企業の経営者として邁進し、講演会などにはあまり顔を出さない関山氏が、この日は「人生とは何か」といった深い話を含め高校生とじっくり対話しました。参加する経営者も熱心な高校生を前に講演や意見交換に熱が入ります。

筆者は、毎年、グランプリの審査員を務めているのですが、審査をすると同時に、日本の未来は明るいという気持ちをいただいているような気がしています。

粗削りなプランも多いのですが、伸び伸びとしており、そして何よりも「真摯」な気持ちが伝わるビジネスプランが提案されています。プレゼンテーションも想いがこもっています。私たちが甲子園や高校サッカーなどの高校スポーツに思わず見入ってしまうのは、この真摯さに魅力を感じているからではないでしょうか。

全国のいたるところで、真摯に地域や社会の課題をビジネスの力で解決しようというプランを考え、行動する高校生が増えています。このような高校生が地域を元気にし、経済を元気にしていくと思います。高校生ビジネスプラングランプリのさらなる拡大を期待しています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT