渋谷に上陸した「Plug and Play」の正体

スタートアップ支援の新潮流になるか

かつてビットバレーと呼ばれた渋谷で、Plug and Play Japanが新たなムーブメントを起こそうとしている(写真:Plug and Play Japan)
シリコンバレーのスタートアップ支援組織として有名な「Plug and Play」が、ついに日本進出。東京都・渋谷のオフィスビルに活動拠点をオープンしました。
Plug and Playは、三菱東京UFJ銀行、東急不動産、SOMPOホールディングスをはじめとする大企業のサポートを受けながら、グローバルにつながるイノベーションのプラットフォームづくりを目指していきます。本稿ではその取り組みを概観します。

オープニングイベントは大盛況

この連載の一覧はこちら

11月10日、渋谷のオフィスビル1階のホールは300人を超えるビジネスパーソンや起業家でにぎわっていました。シリコンバレーのスタートアップ支援で活躍するPlug and Playの日本でのプログラム開始イベントが行われたためです。主催者側のあいさつ、講演、パネルディスカッションと併せ、支援対象となるスタートアップによる新しい技術やビジネスモデルのプレゼンもありました。

スタートアップの多くは、シリコンバレーをはじめとする米国や欧州など海外勢。技術や事業企画のレベルも高く、さながら、本場シリコンバレーのピッチイベントを見るようでした。

ただ、シリコンバレーと異なるのは、聴衆にスーツ姿のビジネスマンが多数という点。スタートアップと連携を図ろうとする大企業の新事業担当です。シリコンバレー流と日本的なビジネスシーンが交差する面白いイベントになりました。

次ページPlug and Playとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。