渋谷に上陸した「Plug and Play」の正体

スタートアップ支援の新潮流になるか

かつてビットバレーと呼ばれた渋谷で、Plug and Play Japanが新たなムーブメントを起こそうとしている(写真:Plug and Play Japan)
シリコンバレーのスタートアップ支援組織として有名な「Plug and Play」が、ついに日本進出。東京都・渋谷のオフィスビルに活動拠点をオープンしました。
Plug and Playは、三菱東京UFJ銀行、東急不動産、SOMPOホールディングスをはじめとする大企業のサポートを受けながら、グローバルにつながるイノベーションのプラットフォームづくりを目指していきます。本稿ではその取り組みを概観します。

オープニングイベントは大盛況

この連載の一覧はこちら

11月10日、渋谷のオフィスビル1階のホールは300人を超えるビジネスパーソンや起業家でにぎわっていました。シリコンバレーのスタートアップ支援で活躍するPlug and Playの日本でのプログラム開始イベントが行われたためです。主催者側のあいさつ、講演、パネルディスカッションと併せ、支援対象となるスタートアップによる新しい技術やビジネスモデルのプレゼンもありました。

スタートアップの多くは、シリコンバレーをはじめとする米国や欧州など海外勢。技術や事業企画のレベルも高く、さながら、本場シリコンバレーのピッチイベントを見るようでした。

ただ、シリコンバレーと異なるのは、聴衆にスーツ姿のビジネスマンが多数という点。スタートアップと連携を図ろうとする大企業の新事業担当です。シリコンバレー流と日本的なビジネスシーンが交差する面白いイベントになりました。

次ページPlug and Playとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT