「耳に差し込まないイヤホン」は何が凄いのか

商品はスペックよりストーリーで売れていく

耳を塞がずに聴ける、イヤーカフタイプのイヤホン「ambie」(撮影:編集部)
大企業の技術とベンチャーの機動性を融合させ、「日本型イノベーション」の創出を目指すベンチャーキャピタルWiL(ウィル)の伊佐山元氏。実際にどのような成果が上がっているのだろうか。

 

――WiLでは、大企業の技術力とベンチャーの機動性を組み合わせる「日本型イノベーション」を推進しています。

大企業には宝がいっぱい埋もれている。おカネだけじゃなくて、技術、人材も含めてもったいない状態になっている現象をどうやって解消するか。これが日本のイノベーションを盛り上げる1つのキーワードです。

アイデアを再スタート

ゼロからベンチャーがやるとしたら、おカネと時間がかかってしまうことが多い。それに対し、大企業の中では、ある程度実験したりおカネをかけてやったものが、製品化されないままたくさん眠っている。その途中経過を引き継いで、そこからやったほうが絶対にスピードが速い。おカネも掛からない。大企業にはすごい人がいることを示して、このモデルの有効性を証明していきたい。

――直近の事例で、うまくいった大企業とのコラボレーションには、どのようなものがありますか。

耳穴を塞がないイヤーカフタイプのイヤホンだ(写真:ambie公式サイト)

いちばん説得力を持って語れるのが、2017年1月にソニーと共同で立ち上げたambie(アンビー)というヘッドホンプロジェクトです。このプロジェクトは、本来はただ音を聴くだけのデバイスを、いかに日常生活に溶け込ませるかというコンセプトで始めました。

耳に挟むイヤーカフなので、外音を遮断することがない。だから、こうやって皆さんと話をしていて、音楽をガンガン聴いていても全然平気という、ちょっと不思議なデバイス。音漏れはあまりしないし、驚くほど大きな音で聴いてても、周りの人は気が付かない。ミーティング中に音楽を聴きながら、であっても意外に周りの人は嫌な感じがしないんですよ。圧迫感がないので長時間使っていても疲れない。

一度これを使ってもらえば、これまでのイヤホンとは異なるいろいろなシーンでの使い方を考えつくと思います。

次ページ日常生活に自然な音楽を
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。