スマホの音が激変!実力満点の音響機器6選

スピーカー、イヤフォンを変えてみよう

上質な音の響きはわたしたちの気分をリラックスさせてくれる(写真:Syda Productions / PIXTA)
せっかく音楽をかけるなら、クオリティの高い音質で聴きたい。ミュージシャンたちの息づかいまで聞こえてくるような環境なら、あなたの音楽体験も変わるはず。その願いを叶えてくれるスピーカー、ヘッドホン、ワイヤレスイヤフォンを『Monomax』編集部が厳選、ご紹介します。世界各国のメーカーから様々なモデルが販売されているので、用途や好みに合わせて使い分けるとさらによくなる!

パワフルな音質のスピーカー

RIVA 「RIVA S プレミアムワイヤレス Bluetoothスピーカー」

まずはおすすめのスピーカーから。最初に紹介するのは、世界に57人しかいないゴールデンイヤーを持つ音のソムリエ、Rikki Farr氏やエンジニアらの手で作られた「RIVA S プレミアムワイヤレス Bluetoothスピーカー」

RIVAが独自に開発したサラウンドサウンドテクノロジー「トリリウム」サウンドは、左・中央・右にある3つのアクティブスピーカーと7つの変換器を介し、今までにないダイナミックでパワフル、幅の広い音質を実現している。また、スマホから専用アプリで直接操作できるので、無駄に動いたりリモコンを探したりする手間がかからないのも嬉しい。水滴から保護する設計なのでビーチにも持って行ける。

ボーズ「サウンドリンク ミニBluetooth スピーカー II」

もうひとつ紹介したいのは、ボーズの「サウンドリンク ミニBluetooth スピーカー II」。筐体の小型化と低音再生を両立する低音用ユニット「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」と従来品の2倍の空気量を動かせる高効率トランスデューサーに加え、独自の信号処理を行うことにより、コンパクトながら臨場感あふれるサウンドを実現。

次ページ続いて高音質ヘッドホンをふたつ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。