いい音を求める人に教えたい「スピーカー学」

たったこれだけで、音が劇的に変わる!

ちょっとしたコツで、自宅のオーディオ機器の音が変わります!(写真:charly / PIXTA)

毎日、全力で仕事をした後は、住み慣れたわが家に戻ってゆっくり過ごす、という方も多いでしょう。おいしい食事を楽しみ、飲める方はお酒を飲み、高ぶった気持ちをクールダウンする――それらも最高の時間の過ごし方のひとつと思います。

そんなときに「お気に入りの音楽を聴きたい」というニーズは今も昔も変わらずあるようで、さまざまな方が「いいオーディオ装置はないだろうか?」と探しています。これまで筆者は、「音楽は小さい音でもいいからスピーカーで聴きたい! 最近流行のイヤフォンやヘッドフォンもいいんだけど、あれ、何となく疲れるんだよね」という何人もの方に出会ってきました。

しかしながら、「オーディオ通」といわれる友人や知人に尋ねてみて「まずは部屋の改装かな」「電源からだね」などと手間の面でもお金の面でもハードルの高いことを言われて、せっかくの気分が削がれた人も少なくないようです。

趣味のオーディオで「甲子園」を目指す必要はない

オーディオの世界で20年以上生きている筆者が思うに、オーディオ通の友人や知人の意見はある面では正しいのですが、皆が皆、そこを目指す必要はありません。

「まず部屋」「まず電源」というのは「野球をするなら甲子園での優勝を目標にトレーニングすべきだ。そしてプロを目指せ!」といっているようなものです。

とは言え、やはり「必要な最低限の知識」というものはあるわけで、オーディオについても同様です。

次ページポイントは「設置場所」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。