老舗「オンキヨー」が初スマホ!その真価とは

ハイレゾスマホ「グランビート」5つの要点

オンキヨー初のAndroidスマートフォンはなにがスゴイのか?

「音楽再生」を徹底強化した骨太の音楽スマホ

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

CDを超える高音質とウワサのハイレゾ音源が楽しめるスマホは数多くありますが、そもそも高音質をうたうスマホでも、音楽を聴くとなんとなく物足りなく感じてしまう方も多いのではないでしょうか? オンキヨーから2月下旬に発売される同社初のAndroidスマートフォン“グランビート”「DP-CMX1」は、これまでのスマホの常識を覆す「音楽再生」を徹底強化した骨太の音楽スマホです。今回は音楽再生機能に絞り込んで、グランビートのなにがスゴイのか、5つのポイントに分けて紹介しましょう。

グランビート「DP-CMX1」

その1. パーツや内部の回路構成まで「オーディオ品質」

通常、スマホやオーディオプレーヤーなどにデジタルで入力されたオーディオ信号は、DAコンバーター(DAC)と呼ばれる回路を通ってアナログの信号に変換されたあと、ヘッドホンやイヤホンを駆動できるレベルにまでアンプで増幅してから出力されます。グランビートは、このDACとアンプを2基ずつ搭載したデュアル仕様。オーディオ品質にこだわった専用ICチップを使い、さらにオーディオ回路をCPUから独立した専用基板を設けています。

次ページ独自技術で徹底的にシールド
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。