「米朝戦争」の可能性は、なくなっていない

これから考えられる2つのシナリオ

北朝鮮の金正恩委員長は、さらなる挑発行動に出る可能性がある(写真:ロイター/KCNA)

度重なる核・ミサイル実験で世界を震撼させている北朝鮮。米国との緊張関係は続いているが、2018年の米朝関係はどうなるのだろうか。

「非常に心配している」と、米上院議員のタミー・ダックワース(民主党)は2017年11月、ネットメディアVoxとのインタビューでこう語った。米陸軍の退役中佐であり、攻撃ヘリコプターのパイロットとしてイラク戦争で服務中、両足を失くしているダックスワース上院議員は、米国でも「戦争に詳しい」議員としてよく知られている。

そのダックワース議員がこう言うのである。「ホワイトハウスから発せられる情報だけで判断しているのではなく、国防関係者の情報も併せてそう感じる。米国民が思っている以上に、われわれは北朝鮮絡みの軍事対立にかなり近付いている」。

「備えなければならない段階」になっている

ダックワース上院議員は、米国防省高官と定期的にコンタクトを取っている。「総合的に判断すると、個人的見解としては、米軍は、『こういう事態を避ける手立てを講じなければ』という段階を越え、『ドナルド・トランプ大統領は決定を下す見込みだから、われわれはそれに備えなければならない』と述べる段階に入っていると思う。

米軍は、軍事対立を望んでいるわけではないし、明日にもそういうことが起こると思っているわけでもないだろう。しかし、トランプ大統領とホワイトハウスが言い続けていることに応じて、軍事対立への準備をしているのだ」

現在、朝鮮半島は戦争に向かっているのか、あるいは、平和に向かっているのか、という問いかけほど今、重要な疑問はないだろう。日本と韓国にとっては、これは死活問題である。朝鮮半島で戦争が起きれば、日本が巻き込まれるのは必至である。米軍の軍事基地として、かつ、北朝鮮の潜在的ターゲットとして。

現段階で、戦争か平和か、という疑問に決定的に答えられる人物は存在しない。ただし、今後示される「2つのシナリオ」がどんなものになるのか、ということはある程度予想することができる。 1つは一種の平和、そしてもう1つは戦争のシナリオである。

次ページ平和に向かうことはあり得るのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。