「米朝戦争」の可能性は、なくなっていない

これから考えられる2つのシナリオ

北朝鮮の金正恩委員長は、さらなる挑発行動に出る可能性がある(写真:ロイター/KCNA)

度重なる核・ミサイル実験で世界を震撼させている北朝鮮。米国との緊張関係は続いているが、2018年の米朝関係はどうなるのだろうか。

「非常に心配している」と、米上院議員のタミー・ダックワース(民主党)は2017年11月、ネットメディアVoxとのインタビューでこう語った。米陸軍の退役中佐であり、攻撃ヘリコプターのパイロットとしてイラク戦争で服務中、両足を失くしているダックスワース上院議員は、米国でも「戦争に詳しい」議員としてよく知られている。

そのダックワース議員がこう言うのである。「ホワイトハウスから発せられる情報だけで判断しているのではなく、国防関係者の情報も併せてそう感じる。米国民が思っている以上に、われわれは北朝鮮絡みの軍事対立にかなり近付いている」。

「備えなければならない段階」になっている

ダックワース上院議員は、米国防省高官と定期的にコンタクトを取っている。「総合的に判断すると、個人的見解としては、米軍は、『こういう事態を避ける手立てを講じなければ』という段階を越え、『ドナルド・トランプ大統領は決定を下す見込みだから、われわれはそれに備えなければならない』と述べる段階に入っていると思う。

米軍は、軍事対立を望んでいるわけではないし、明日にもそういうことが起こると思っているわけでもないだろう。しかし、トランプ大統領とホワイトハウスが言い続けていることに応じて、軍事対立への準備をしているのだ」

現在、朝鮮半島は戦争に向かっているのか、あるいは、平和に向かっているのか、という問いかけほど今、重要な疑問はないだろう。日本と韓国にとっては、これは死活問題である。朝鮮半島で戦争が起きれば、日本が巻き込まれるのは必至である。米軍の軍事基地として、かつ、北朝鮮の潜在的ターゲットとして。

現段階で、戦争か平和か、という疑問に決定的に答えられる人物は存在しない。ただし、今後示される「2つのシナリオ」がどんなものになるのか、ということはある程度予想することができる。 1つは一種の平和、そしてもう1つは戦争のシナリオである。

次ページ平和に向かうことはあり得るのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT