韓国エリート層が「北朝鮮問題」に怯える事情

中韓首脳会談に臨む文大統領の思惑

習近平国家主席との首脳会談に臨む文在寅大統領の思惑とは(写真:ロイター)

ドナルド・トランプ米大統領による漠然とした戦争の脅しと、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による核兵器能力協奏曲に巻き込まれている韓国の文在寅大統領だが、中国の習近平国家主席については、駆け引きの機会を探っている状態にある。

中韓トップは、12月14日に首脳会談を行う予定だ。朝鮮半島の情勢に危機感を募らせている韓国政府高官らは今回の文大統領による訪中に重要性を見出している。

北東アジアの状況は異常に緊迫している

韓国政界のエリートらの危機意識は表面化しているものではない。実際、韓国人の多くは、現在の緊張を過去20年あるいは、それ以上の間耐えてきた戦争の傷跡の延長線上にあると考えている。

「ほとんどの人は依然、トランプ大統領がはったりをかけているのだと信じている」と、元米国務省高官として朝鮮半島問題に長く携わり、現在はソウルにある著名シンクタンク、世宗研究所のフェローを務めるデイビッド・ストラウブ氏は言う。しかし、同氏やほかの専門家らは、韓国のエリートについては、状況は劇的に異なる指摘する。

「韓国の政府高官や専門家と話をすれば、彼らが非常に緊迫して不安になっており、パニックのような状態に陥っているケースもあることがわかる」と韓国の国民大学校で教鞭をとるロシア出身の政治社会学者、アンドレイ・ランコフ氏は話す。特に米国を頻繁に訪れ、米国の「危険な雰囲気」を感じ取っている文大統領周辺の高官たちにこの傾向が強いという。

「北東アジアの状況は異常に緊迫している」とランコフ氏は語る。「朝鮮問題を30年ほど扱ってきて、これほど潜在的に危険な難局は見たことがないかもしれない。米国の一方的な行動によって戦争が引き起こされる可能性は高くはないが、同時に相当に現実的でもある。もし戦争が起きることになれば韓国は最も重大な損害を負うことになり、文大統領はそのリスクを減らすためにできることをしようとしている」

こうした中、文大統領は、可能なかぎりトランプ大統領に近づき、北朝鮮に対する強力な制裁の政策を支持し、空軍の合同訓練のような軍事力の誇示に加わりながらも、両トップ間のわずかだが明らかな距離を見せる努力をしている。これは、韓国を訪れたときのトランプ大統領への応対からも明らかだった。トランプ大統領への応対は和やかだったものの、両者が同じ考えを共有していると考える者はいなかっただろう。

次ページ文大統領の訪中目的は
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。