2017年は新しい技術に注目が集まる年だった

来年の流行を先取りできれば大成功しそう…

早いもので12月も半分を過ぎました。2017年もそろそろ終わって、まもなく2018年がやってきます。

振り返ってみると、今年もIT業界ではいろいろな新しい技術が話題になりました。仮想通貨ビットコインの価格が高騰し、大きな話題になりました。また、アマゾンやグーグルなどからはスマートスピーカーが登場。機械学習技術を使うことによって、生活のサポートをするようになりました。パソコンやスマートフォン以外にも、さまざまな機器がインターネットにつながるIoTも話題になりました。

さて来る2018年は、どんな技術が注目を集めるのでしょうか。それを誰よりも先取りできれば、ビジネス的な成功を収められることは間違いありません。

というわけで、ぼへちゃん意気込んで2018年の新技術について考え始めるのですが、世の中にはもっと早くから継続的に次世代の技術を考えている人たちがたくさんいます。いきなり考え始めたところで、素晴らしい答えを得られるはずもありません。

とはいえ、必ずや新しい技術やサービスが登場することでしょう。来年のIT業界の動向がどうなるのか、想像しながら夫婦で話し合うのは楽しいものです。技術者にとっても消費者にとっても、有意義な1年になることを祈りましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。