入院しているときこそAIスピーカーは有効だ

お父さんが入院してわかったこと

ぼへちゃんのお父さんが入院しました。

入院するとわかるのですが、片方の腕がつねに点滴とつながっていたりすると、動くのがなかなか大変だったりして、欲しいものを手にすることができません。こんな時に音声入力があればなあ、音声で答えてくれればいいのにと思うことがたくさんあります。

そう、最近出たAIスピーカーであれば、いろいろ難しいこともできるかも。そう思って、ぼへちゃん、お見舞いにアマゾンのAIスピーカーを持って行きました。

「お父さん、これに話しかけると、今日のニュース、株価、天気。なんでも教えてもらえるよ!」

「アレクサ!今日のニュースを教えて!」

「ヘンリー英王子が、米女優と婚約、来春、挙式の予定です」

「ね?すごいでしょ?お父さんも話しかけてみてごらん」

「うーん、ニュースはテレビで見ればよくないか?。それに、アレクサって話しかけるのは、ちょっとこっぱずかしくないか」

ニュース以外にもいろいろ答えてくれる便利な機械なのですが、できれば病院の機器とつながるとより便利になりますね。

たとえばリクライニングベッドとつながれば、「アレクサ、ベッド起こして」とか声でベッドを操作できますし、テレビとつながれば、テレビのチャンネル切り替えやスイッチのON-OFFを声で操作できます。ナースコールとつながれば、声で看護師さんを呼んだりできて、便利ですよね。

ただ、アレクサ、っていうのがこっぱずかしいと言われてしまったので、スタートからつまずきました。何だったらいいんでしょうね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。