ネット企業殺到、「AIスピーカー商戦」の行方

日本ではグーグルとLINEが先行しているが…

10月6日発売の「グーグルホーム」はビックカメラ有楽町店で大々的に展開されていた(撮影:今井康一)

「OK、グーグル。今日のニュースは?」「クローバ、パパにLINEを送って」

10月5日、グーグルとLINEの米日ネット企業大手がそろって、AI(人工知能)を搭載したスマートスピーカーを発表した。「グーグルホーム」と「クローバ ウェーブ」は共に1万4000円前後で、価格でも対抗した形だ。

IT大手が続々スピーカーを発表

米アマゾンもAIスピーカー「アマゾン・エコー」を年内に日本で発売する。日本上陸は未定だが、米アップルも今年、「ホームポッド」を発表。米国では2014年発売のエコーが累計販売1500万台に達したとの現地報道もあり、AIスピーカー市場が急拡大している。スマートフォンに続く新たなデバイスをめぐる戦いが、ようやく日本でも始まる。

AIスピーカーは、話しかけるだけで音楽の再生や調べもの、家電の操作などを行える。その“頭脳”が、音声アシスタントと呼ばれるAIだ。人間の言葉を文字化する音声認識と、文字化した情報を言語として理解する自然言語処理の技術が土台となっている。

日本導入を急いだのがグーグルだ。今年5月から音声アシスタント「グーグルアシスタント」の日本語版をスマホで使えるようにした。徳生裕人・製品開発本部長は、「スピーカーの発売に向け、日本語版の改善を進めてきた」と話す。

次ページ日本語版開発のハードルとは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT