【産業天気図・食品・飲料】2008年度前半、09年度後半とも曇り、値上げ効果あっても需要動向は微妙

予想天気
 08年10月~09年3月   09年4月~9月

食品・飲料業界は2008年度後半、09年度ともに「曇り」となりそうだ。ビールやパンなど、原材料高を背景に値上げを実施した業界では、値上げが浸透し増益基調となるため、従来は08年度後半を「晴れ」と予想していたが、依然として原材料高騰懸念がくすぶることや、景況感悪化に伴う消費マインドの冷え込みなどを考慮して予想を「曇り」に変更する。
 
 パン業界では、小麦価格や食用油脂の高騰などを受けて、業界全体で07年12月に続き、08年5月にも価格改定を断行。最大手の山崎製パン<2212>は、単純値上げではなく、既存品に比べて少容量にした製品や、量販店のPB商品を意識した低価格品の発売などで対応した。これまでのことろ、値上げによる消費者離れは限定的で、業績は今08年12月期初見通しより好調に推移しそうだ。

ビール業界も同様だ。今年2月にキリンホールディングス<2503>、3月にアサヒビール<2502>、4月にサッポロホールディングス<2501>、9月にサントリーと、大手4社のビール類の値上げに踏み切った。各社とも、値上げの影響や総市場の縮小により、販売数量は減少するが、利益率は改善し増益となる見込みだ。

対照的に清涼飲料は苦境が続いている。原料高に苦しみながらも値上げに踏み切れず、各社にらみ合いが続いている。今期は天候不順などの影響もあり、コカ・コーラセントラルジャパン<2580>など、コカ・コーラ系列のボトラー各社は相次いで業績の下方修正を発表している。ダイドードリンコ<2590>も08年7月中間期決算発表時に通期見通しを下方修正した。

清涼飲料を除けば、食品業界は利益的には全般的に上向いているとは言える。が、引き続き原材料高の動向が不透明なうえ、ここへきて景気低迷がより鮮明になってきた。今のところ値上げも順調に浸透しているが、今後の景気動向次第ではスーパーなどによるPB商品への乗り換えが加速する可能性もある。少子高齢化などによって市場自体は縮小傾向が続く中、値上げだけでは楽観できない状況が続きそうだ。
【佐藤 未来記者】

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT