物流最終戦争~ヤマトも危うい消耗戦~

新次元の競争が始まった

王者・ヤマトも安泰ではない

ただ、日本の物流業界の変化は世界的に見ればコップの中の嵐だ。企業のサプライチェーンのグローバル化と新興国の成長に伴い、フェデックス、DHL、UPSなど世界的な物流企業はこの10年で飛躍的に業績を伸ばしている。

近い将来、TPP(環太平洋経済連携協定)などの自由貿易協定ネットワークが広がれば、アジアには国際物流の巨大な需要が生まれる。そうした変化に対応できる日本企業がどれだけ育っているだろうか。

ヤマト、佐川などはアジアでの宅配事業などにチャンスを求めるが、中国でも地元企業が急速に力をつけてきている。日本企業に残された時間はそう長くはない。

今、脚光を浴びている当日配達が、本当に消費者が望んでいることなのかにも実は疑問符がつく。通販業者間のスピード競争の帰結だが、実は市場ニーズはそこにはない可能性もある。

王者ヤマトといえども、ネット通販に振り回される消耗戦で生き残れる保証はない。アスクルやネットスーパーなど、物流業界の外でも新たな物流インフラが育ち始めた。物流最終戦争は、業種も国境も越えた、これまでとは次元の異なる戦いになるだろう。

(週刊東洋経済2013年9月28日)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT