物流中堅、元従業員が架空売り上げ

ハマキョウレックス、過去の決算短信も訂正へ

静岡県浜松市に本社を置く独立系の物流一括受託(3PL)大手、ハマキョウレックスは7月12日、元従業員による不正行為が行われていたと発表した。架空売り上げの計上に加え、取引業者を利用した着服行為が、元従業員への社内ヒアリングにより発覚したものだ。

ハマキョウレックスでは正式な調査委員会を発足させる。不正行為の全容解明とともに、発生原因の徹底究明と再発防止策をまとめ、7月中にも公表する意向だ。

5年で架空売り上げ約10億円、全売上高の0.4%強

不正行為が発覚した経緯としては、6月下旬に、同社管理本部からの要請を受けた同社営業本部が、滞留売掛金の回収進捗について元従業員2名にヒアリングした結果、判明した。元従業員本人もその事実を認めたという。

元従業員による架空売り上げ計上額は、2008年4月から13年3月までの5年間にわたって、概算で累計10億4300万円あまりにも上る。

直近決算期である前13年3月期の1年間だけだと概算で3億7600万円の架空売り上げがあったと推定されているが、これは同決算期のハマキョウレックスの売上高893億1900万円に対し、0.42%に相当する計算になる。

調査で判明したところによると、不正行為は、顧客に発行した正規の請求書とは別に、実態のない売上金額を経理部に報告することにより行われた。

次ページ10月に佐川系物流会社の買収控える
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT