物流中堅、元従業員が架空売り上げ

ハマキョウレックス、過去の決算短信も訂正へ

静岡県浜松市に本社を置く独立系の物流一括受託(3PL)大手、ハマキョウレックスは7月12日、元従業員による不正行為が行われていたと発表した。架空売り上げの計上に加え、取引業者を利用した着服行為が、元従業員への社内ヒアリングにより発覚したものだ。

ハマキョウレックスでは正式な調査委員会を発足させる。不正行為の全容解明とともに、発生原因の徹底究明と再発防止策をまとめ、7月中にも公表する意向だ。

5年で架空売り上げ約10億円、全売上高の0.4%強

不正行為が発覚した経緯としては、6月下旬に、同社管理本部からの要請を受けた同社営業本部が、滞留売掛金の回収進捗について元従業員2名にヒアリングした結果、判明した。元従業員本人もその事実を認めたという。

元従業員による架空売り上げ計上額は、2008年4月から13年3月までの5年間にわたって、概算で累計10億4300万円あまりにも上る。

直近決算期である前13年3月期の1年間だけだと概算で3億7600万円の架空売り上げがあったと推定されているが、これは同決算期のハマキョウレックスの売上高893億1900万円に対し、0.42%に相当する計算になる。

調査で判明したところによると、不正行為は、顧客に発行した正規の請求書とは別に、実態のない売上金額を経理部に報告することにより行われた。

次ページ10月に佐川系物流会社の買収控える
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT