「40歳を目前に婚活を始めた男性」の深刻事情 彼女ができても必ず「二股」をかけられる

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小

最初は、日本人女性とは違う清純さにひかれ、「国際結婚もありかな」と、頭をかすめたこともあったという。しかし、コミュニケーションの微妙なニュアンスが伝わらないのが、だんだんもどかしくなっていった。

「一緒に映画を見ても、感じ方が全然違う。『あのシーンはどういう意味?』って聞かれて僕が説明しても、理解してもらえないことがある。あと、やっぱり金銭感覚。もし結婚して僕が稼いだおカネのほとんどを両親に渡してしまうのも困ると思ったし。言葉の壁、文化の壁は厚くて越えられなかった」

婚活をしようと思ったのは…

こうして現在に至るのだが、自分から積極的に動いて婚活をしようと思ったのは、40という年齢が見えてきたからだ。

しかし一方で、「結婚ってなんだろう」「躍起になって相手を探して無理やり結婚しなくてもいいのではないか」と考える日もある。ただ、「子どもを作り家族を築くなら、今動くべきではないか」それが康之の導き出した答えだったという。

「100%わかりあえる人はいないかもしれない。でも、やるだけやってみようと思っています」

認知的不協和という社会心理学用語がある。“いい人がいれば、結婚したい”と思っている一方で、“結婚して幸せになっている夫婦を周りに見たことがない”“他人と暮らすよりも、1人のほうが気楽”と、後づけの理由を探し、思いをほかの結論にすり替えてしまうことだ。

もしも、“結婚したい”と思っているのなら、まずは行動を起こし、一度してみたらいい。離婚経験者の中には、「結婚するときの何倍ものエネルギーを離婚するときに使って、ヘトヘトになった」と言いながらも、数年後に再婚していく人たちがいるのだ。

「もうコリゴリ」と思った結婚を再び選ぶのだから、結婚は何やかんやいってやっぱりいいものなのだろう。

「女運がなかった」という康之の幸せ探しは、これからスタートしていく……。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT