婚活連敗男は「毎日のメール」を甘く見ている

お見合いクリアでも交際が続かない人の欠点

メールをたまにしか入れない人は、毎日メールを入れる人に負ける(写真:polkadot / PIXTA)

結婚相談所の門戸を叩くのは、どんな人たちが多いのか。

年齢的には、アラサーから始まり、40代、50代が圧倒的に多いのだが、男女別に見てみると、おおまかにこんなタイプに分類される。

女性は、主に2タイプ。

20代の頃は華やかな恋愛をし、年を重ねてしまった。「まだまだ大丈夫!」と思っていたものの、気づいたら周りには結婚できる男性がいなくなっていて、あわてて結婚相手を見つけたくて入会を決める。このタイプは、かつて婚活アプリに登録した経験があったり、同時進行でアプリを利用していたり、誘われれば合コンにも積極的に参加している。

もう1つは、これまで恋愛らしい恋愛をせずに年を重ねてしまい、結婚をしたいが出会い方がわからない。恋愛のしかたもわからない。ならば、あれこれと世話をやいてくれる仲人のいる相談所に入ってみようと思うタイプ。

男性登録者はどんなタイプが多いのか

この連載の一覧はコチラ

一方、男性はどうか。

数多くの恋愛をしてきたタイプは、まず結婚相談所には入らない。出会いの場さえ提供してもらえば、いくらでも女性を獲得する術を知っているからだ。彼らは合コンの常連参加者だったり、手軽な婚活アプリを利用したりする傾向にある。このタイプは、結婚も頭の片隅にあるのだけれど、恋愛をするのが楽しいので(また自分がいつまでもモテると思っているので)、なかなか結婚の決断を下さない。

恋愛経験が豊富なのに相談所に来るのは、すぐにでも結婚を決めたいと思っている、ある程度の収入がある男性たちだ。この層は女性たちにとって魅力的だが、彼らは女性を選ぶ基準も理想も高く、できるだけ自分よりも若い女性を選ぼうとする傾向にある。対して女性は、なるべく年齢の近いこの層の男性を好むのでマッチングがうまくいかない。

次ページ男性登録者にいちばん多いタイプは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。