共働き夫婦はマンション購入で失敗しやすい

老後のことを考えないと後から苦しむことに

そう言って、沢田さんは、保険の設計書を差し出しました。変動金利にして、浮いたおカネで「安心のために」保険に加入すべきだというのです。提案しているのは、「就業不能保険」と「医療保険」です。沢田さん夫婦は、現在、終身保険にそれぞれが加入していますが、医療保険は持っていませんでした。

岩城:なんとまぁ。変動金利型を勧めて、さらに実質的な保険のセールスですか。

沢田さん:もし、私が亡くなった場合は、住宅ローンは、団体信用生命保険(団信=機構団体信用保険特約制度とは、住宅ローンを借りている人が死亡や、高度障害状態になったときに、保険金が融資元の銀行などに支払われ、残りの住宅ローンがなくなる保障制度。保険料は、住宅ローン金利に含まれている)の保険金で完済されますが、病気などで働けなくなったり、収入が減ったりした場合は別だと。住宅ローンを支払い続けなければならない。だから、入院した場合に保険給付金が下りる「医療保険」と、在宅療養でも保険金がでる「就業不能保険」が必要だと言われました。

なぜ固定金利ローンがいいのか?

岩城:一見、その保険の話は筋が通っているように見えますが、間違っていると思います。まず、住宅ローンは全期間固定金利にしましょう。先ほども少しお話ししましたが、この低金利で長期間固定なのですから、将来の金利上昇リスクを避けられますよね。そしてローンを返済しながら、しっかり貯蓄できる家計にすることがむしろ大切です。

それから、提案された保険も必要ありません。沢田さんご夫婦の場合、住宅の手付金、頭金、諸費用を支払っても、貯蓄残高が500万円あります。日本には高額療養費制度がありますし、お2人とも会社員で、傷病手当金もあります。もし就業不能状態が1年半を超えることになっても、障害厚生年金を受給できる可能性もあります。あれ? よく見たら、沢田さんが借り入れる銀行のローンには、団信だけではなく、全疾病保障も込み込みで付帯されているじゃないですか! そのファイナンシャルプランナーは無駄な保険を勧めていますね!!

保険の話はこれで解決したとして、それよりも、ローンが35年間続くことについて考えなくてはなりません。定年退職後も、ローンの支払いが続くことになりますからね。まずは、マンションを買うということは置いておき、「人生設計の基本公式」(後述)で、老後の生活費がどのくらいになるのか試算してみましょう。これを知っていれば、家を買う、買わないは関係なく、一発で老後が「見える化」できますからね。

次ページローンを組む前に、老後をイメージする
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT