40歳キャリア独身女性が陥った終身保険の罠

「年利回り1.75%」の甘い言葉には裏があった

「銀行預金よりは…」と貯金のつもりで保険に入ったのは間違いだった。時間のない「キャリア女子」ほど間違ってしまう(写真:cba/PIXTA)

「少しずつでも貯めて、老後のおカネを作りたい。でも、預貯金はほとんど利息ゼロ。どうすればいいのか」と悩む人は少なくありません。しかし、ここで「老後の資金は保険で」と保険を選択すると、ほとんどの場合は失敗します。先日の記事「『貯蓄型保険』には入らないほうが良い理由」でも触れたように、「貯蓄」と「保険」は、なかなか「両立」できないからです。

にもかかわらず、保険会社から「銀行に貯金するよりもオトクですよ」と言われ、大失敗して相談に来るケースが目立ちます。今回も「なぜ間違った貯蓄性保険に入ってしまったのか。対処する方法はあるのか」を探っていきます。例によって、ケーススタディの年齢や金額が読者の皆さんのゾーンと一致していなくても大丈夫ですので、早速見ていきましょう(文中敬称略)。

「バリキャリ」の独身女性が陥った「貯蓄性保険のワナ」

この連載の一覧はコチラ

相談に来たのは、新海京子さん(40歳、仮名)です。外資系企業を退職、現在は転職、独立して映画関係のプロデューサーとして活躍中の「バリキャリ」独身女性です。当時は外資系に在籍していたこともあり、2012年2月に「いま人気ですよ」と言われ、終身保険に加入しました。なんと保険金額4800万円(!)の終身保険に加入したというのです。

「いざとなったら4800万円もらえる」という、その保険金額にまず驚きますが、案の定、毎月の支払い保険料は約10万円と、大きな負担でした。相談に来た時には保険料があまりに高いので、すでに毎月の支払いをやめ「払い済み」にした後でした。のちほど詳しく見ていきますが、新海さんは保険金額を大きく減らしたうえで、それに必要な保険料をあらかじめ払い込んだというわけです。

新海さんによると「もし途中で保険料を支払うのが大変になったら、解約すればいい」と、勧誘時に言われていたそうです。保険セールスのノルマが大変なのは聞いていますが「解約ありきで、とりあえず勧誘」という保険会社の姿勢はいかがなものでしょうか。実際、新海さんが勧められるままに「払い済み」にしたあとも、問題は残ったままでした。どんな問題が残ったのでしょうか。

次ページやっぱり「貯蓄型保険」は「オトク」ではなかった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。