40歳キャリア独身女性が陥った終身保険の罠

「年利回り1.75%」の甘い言葉には裏があった

岩城:さらに、「もし途中で支払いが大変になったら解約すればよい」と勧誘時に言われたそうですが、実際、解約しようとしたら、解約返戻金は240万3000円。そのときまでに払っていた払込保険料456万円の52%だったわけですね。48%の損失は大きいですね。

新海さん:独立して、もっと貯蓄を増やす必要もあったので、解約しようと思ったのですが、さすがにほぼ半分になるのは、いくらなんでも損だろうと思いました。

岩城:それで、「解約するよりは」と、払い済み保険にされたのですね。

「47年後の87歳にようやく100%戻る」でいいのか?

新海さん:払い済み保険金額は408万円でした。456万円はすでに支払ったわけですが、いずれ408万円戻ってくるわけだから、解約よりはいいと。しかし、返戻率が100%になるのは87歳の時だそうです。87歳まで生きているかどうかわからないし、今後の金利上昇についていけないかもしれないし、4800万円の当初の保険は解約してよかったです。でも、この新しい払い済み保険をいつまで持てばいいのでしょうか。

岩城:つまり、87歳まではずっと元本割れをしている状態だということですね。気が遠くなりますね。

さて、払い済み保険をいつまで持つかです。これは保険金額408万円の終身保障を持っているのだと考えたほうがいいですね。そう考えると、返戻率100%(=元本割れなし)にこだわることは、経済合理的ではないのかもしれません。

もし、おカネを増やすことが主な目的ならば、コストの高い保険は不利です。この連載でもお伝えしているように、老後資金を作るのなら、まずは、税制優遇の大きい確定拠出年金制度やNISA(少額投資非課税制度)をおカネの置き場所にして運用するほうがよいでしょう。

拙著(山崎元氏との共著)『人生にお金はいくら必要か』でもご紹介しているシンプルな運用方法ですが、たとえば、低リスクで運用したい場合、インデックスファンドを10%(=期待リターンは、現在おおむね5%)と個人向け国債(最低金利0.05%)を90%持つとします。

その場合、期待リターンは0.545%で、リスクが2%(リターンの年率標準偏差で)くらいという計算になります。もちろん元本確保ではありませんが、安定的な運用で、しかも、途中には大きな値下がりリスクがない運用になります。もし、途中売却しても、金利変動に対しては、ほぼ無事のはずです。

実は、長期間、固定利回りで運用しようとすると(たとえば、通常の長期国債を買う)、将来の金利上昇時の場合のリスクが大きくなります。ですから、インデックスファンドの比率は、もう少し大きくても(たとえば20%くらい)いいかもしれません。

(冒頭でも述べたように)「老後のおカネを作りたい」と考えれば、「個人年金保険」や「終身死亡保険」を思い浮かべる人が多いのです。

生命保険文化センターの「平成28年度生活保障に関する調査」によりますと、老後生活のための経済的準備を何らかの手段で「準備している」は 64.8%、「準備していない」は 33.0%です。そして、準備しているという人の具体的な準備手段は、「預貯金」が45.2%、「個人年金保険・変額個人年金保険や生命保険」(44.0%)となっています。しかし、老後資金に対する充足感は低く、「充足感あり」は 21.9%、「充足感なし」は実に71.0%にも上っているのです(同調査)。

次ページ40年運用して、年利回り0.39%は低すぎる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT