「30代子育て夫婦」は保険で大失敗しやすい

人生のリスクはどこまで保険でカバーする?

共働きの夫婦は、もしものときに備えて高い保険に入りがち。見直しの余地がかなりありそうだ(写真:kikuo / PIXTA)

人生のリスクは、さまざまです。たとえば、病気になって働けなくなる、入院や通院が必要になる、介護状態になる、大黒柱である夫が亡くなるなどなど。どれも精神的にきついことですし、経済的なダメージもあるでしょう。しかし、これらをすべて、あるいはその多くを保険で解決できると考えてもいいのでしょうか。今回の相談は、それについて考えてみましょう。

「働くママ」として「病気になったら」の大きな不安

この連載の一覧はコチラ

徳田愛美さん(36歳・フリーランス)は結婚して小学校入学前の子どもが1人の3人家族。夫も36歳です。美容関係の仕事をしていてフリーランスなので年収は変動します。夫と合わせると現在は800万円ほどです。

現在、病気やけがを保障するシンプルな終身医療保険に入っていますが、保障内容に心もとなさを感じ、別のファイナンシャルプランナーに相談に行ったそうです。すると最新の医療保険に入り直すだけでなく、「ほかの保険にも加入すべきだ」と勧められました。

徳田さん:今は人生に起こるリスクのほとんどを保険でカバーできる時代だから、保険料は高くなるけれど、もしものことを考えれば必要なことだと言われました。

岩城:ということで、新たに複数の保険を勧められたのですか。徳田さんが現在、加入している医療保険は、入院や手術に対して給付金が出るものですね。保険料は月額3187円です。そして勧められたのは、「終身医療保険」と「終身がん保険」。保険料はこの2つだけで月額1万1062円ですね。

徳田さん:今は入院期間が短くなって、治療も通院で行うことが多いということで、この保険を勧められました。これから年齢が上がってくると、病気になる確率も高くなると言われましたし、保険を見直すのは最後のチャンスだから、もしものことがあっても困らないように充実させましょう、と。

岩城:見直すのはこれが最後のチャンス? なるほど、そういうこともおっしゃるのですね。保険料は3つで、年間割引を利用しても年間13万円台になりますね。

徳田さん:高いなとは思ったのですが、子どもも小さいですし、夫は非常に忙しくてあてにならない、親にも頼れない状況ですし。もし入院でもすれば、収入も途絶えベビーシッターさんや家事代行サービスなどを利用しなくてはならなくなります。治療費以外にもおカネがかかりそうですから、これくらいは必要かなと思いました。

次ページ「病気への不安=すぐに医療保険」は正しい?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。