「30代子育て夫婦」は保険で大失敗しやすい

人生のリスクはどこまで保険でカバーする?

確かに、徳田さんのように不安を持っている人は多いようです。生命保険文化センターの「生活保障に関する調査」(2016年)でも、「病気やケガに対する不安」「老後生活に対する不安」「死亡時の遺族の生活に対する不安」「自分の介護に対する不安」のうち、「病気やケガに対する不安」を持っている人は「90.1%」で、最も高くなっています。そして、この3つの不安に対する準備を見ると、「医療保険に加入している」が84.2%と最も高くなっています(「死亡保障73.5%、「老後保障」64.8%、「介護保障」47.8%)。

保障を充実させても、病気にかかるリスクは減らない

岩城:しかし、これははたして経済合理的な行動なのでしょうか。徳田さんは、高額療養費制度のことはご存じですか?

徳田さん:知っています。夫の勤務先の健康組合では高額療養費の付加給付もあります。なので夫は会社の団体保険に入っているだけです。

岩城:付加給付があれば、自己負担はさらに軽減されますね。高額療養費制度では、同じ月に同じ病院でかかった療養費が、自己負担限度額を超えたときに支払われます。たとえば、医療費が100万円かかったとします。窓口負担(3割)は30万円ですが、そのうちの21万2570円は高額療養費として支給され、実際の自己負担額は、8万7430円です(70歳未満の給与所得者で、月額28万円以上53万円未満の場合)。さらに自己負担の軽減をはかるため、健保独自の給付(付加給付)がある場合もあります。自己負担限度額のうち、基準額を超えた分が「付加給付」として支給されます。

しかしながら、前出の調査で「入院経験がある人の、直近の入院時の高額療養費制度の利用経験」をみると、「高額療養費制度を利用した」は 60.5 %、「利用しなかった」は 29.2 %ということですから、まだまだ知らない人も多いようです。

徳田さん:実際には、入院したとしてもある程度の貯蓄があれば、そう困ることもないとわかってはいるのです。でも保険を提案されると、保障を充実させるともっと安心なのかもと思ってしまうのです。

岩城:保障を充実させるともっと安心、ですか。確かに、人は、自分の不安を解消するための対策を講じると、安心感を覚えますね。「保険に守られている」というフレーズは、保険会社もよく使いますしね。しかし、保障をたくさん持ったからといって、病気の罹患率が下がるわけではありません。この連載でも再々お伝えしているように、保障は必要最小限にとどめるのが原則ですし、徳田さんの場合、保険は本当に必要なのでしょうか。

次ページ保険料を支払うよりも、その分を貯蓄に回す
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?