ベゾス氏側近が語る「アマゾンAI」発想の原点

AIスピーカー「エコー」に5000人超が携わる

――2016年7月の米メディアのインタビューでは、アレクサやエコーの開発人員が1000人規模と話していた。現在の体制はどこまで拡大しているのか。

開発体制は、今や5000人超に膨らんでいる。基本的には、8~10人の小さいチームで、1テーマに徹底的に取り組む。あるチームはアラーム機能だけ、別のチームはタイマー機能だけの改良に朝から晩まで専念する、といった具合だ。

開発の舞台は社内だけではない。アレクサはあらゆる知識をクラウドに持たせているため、ユーザーが毎日使えば使うほどに新しいことを覚え、改善が進む。また、外部の開発者が作るアレクサ用のアプリケーション「スキル」によって、できることが増えていく。これもスタートレックコンピューターの実現に向け欠かせない要素だ。

皆が欲しがる技術をいち早く見つける

――アマゾンの企業としての成長には、アレクサやエコーはどのようなインパクトをもたらすのか。

やってほしいことを声で発すれば、処理してくれる。そんな音声認識技術はどこまで消費者に受け入れられるか(撮影:尾形文繁)

われわれのビジネスモデルは、ユーザーが本当に使いたいと思えるサービスやテクノロジーをいち早く見つけ出すこと。それ自体が最も重要かつ難しい部分であり、それさえできればマネタイズの方法は後からわかってくる。10年前にキンドルを発明して以降、われわれが長年やってきたことだ。

(アレクサ・エコーに関しては)アマゾンにしても、外部パートナーやデベロッパーにしても、マネタイズできる方法はこの先いくらでも見つけられるだろう。買い物、電子書籍、音楽ストリーミング、いずれのビジネスも、まずは競争力のあるすばらしいプロダクトをつくらなければ、その先はない。

――ジェフ・ベゾスCEOはこの領域への投資にゴーサインを出したとき、どんな期待を語ったのか。

ひと言、「Invent!(発明せよ!)」と。新しいものを発明するのが彼の何よりの関心事であり、これはリスクを恐れずに投資に踏み出すべきという判断だった。

次ページなぜアマゾンはデバイスを売るのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT