ベゾス氏側近が語る「アマゾンAI」発想の原点

AIスピーカー「エコー」に5000人超が携わる

――アマゾンのコアビジネスは小売業だ。エコーの発売後、アマゾンにおけるユーザーの買い物動向は変わった?

ショッピング機能の利用規模はまだ限定的。ただ、たとえばキッチンのシンクでハンドソープがなくなったと気づいたときに声だけですぐ注文できるなど、便利に使ってもらえる場面は必ずある。(エコーやアレクサは)ユーザーの生活を便利にする長い道のりを進み始めたばかりに過ぎず、今後も機能開発を続けていく。

求められれば、製品群を広げる

――米国ではさまざまなタイプのエコーを発売している。ディスプレーがあるものなど、製品ラインナップを広げている理由は。

Dave Limp(デイブ・リンプ)/アマゾン米国本社のデバイス&サービス担当上級副社長。2010年の入社以来、キンドル、ファイアTV、ダッシュボタン、エコー、アレクサなど、自社デバイスと関連するサービスの開発、販売に携わり、現在は一連の事業を統括(撮影:尾形文繁)

開発を進める中で、特定の利用状況においてはディスプレーがあったほうが快適になるとわかった。たとえば、通信・コミュニケーションがそうだ。遠く離れたところに住む家族とすぐにビデオ電話でつながれるのは、すごく便利だ。

われわれはこういったケースがわかるとすぐに、ディスプレー付きの製品を作ろうと決めた。すべては具体的かつ必要なケースがあるかどうか。何か(新しい機能)を付けるには、説得力のある理由が必要だ。これはすべてのコンピューティングに通ずる考え方でもある。

――アマゾンはエコーに限らず、さまざまなデバイスを自社で開発している。ECの会社であるアマゾンが、自社でデバイスを手掛ける意義は何か。

ECはアマゾンの一側面に過ぎない。アマゾンにおけるデバイス開発は、ただガジェットやデバイスを作っているのではなく、全体の文脈、つまりデバイスと(それに付随する)サービスの両方を合わせて考える。ガジェットを作ることを核とする会社は、ユーザーへのアップデートのために毎年新製品を出す必要があるが、アマゾンはそうではない。

われわれが作っているのは、クラウドを通じて改良し続けられる製品だ。その先駆けがキンドルであり、とてもいい例だろう。「Fire TV(ファイアTV)」もそうだ。コンテンツやアプリケーションをどんどん増やすことで、より便利なサービスへと刷新していく。これがアマゾンのやり方だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT