仕事のできない人は数字の読み方を知らない

「当社比120%」に踊らされていませんか

なのに、われわれはこの数字を見たとき、「そうか、120%なのか。ちゃんと科学的に検証している」と無条件に「比べられた数字」だけを飲み込んでしまう。

エビデンス重視という風潮が強くなっているが、だからといって「数字」そのものだけを凝視するのではなく、その裏側まで考察してこそ「賢い選択」といえるだろう。

「数字の置き換え」が横行している

また、本来数字ではいえないのに、無理やり数字を持ってきて説得力を醸し出そうとしている例もある。

「100人中75人がA社のお茶よりB社のお茶がおいしいと言っています」というB社の広告があったとする。

ここで、仮に「おいしさ」という比例尺度があったとしよう。

その尺度でA社のおいしさが12/100、B社のおいしさが13/100だったとすると、微妙な違いなので100人が飲めば75人くらいは「B社のほうがおいしい」と言うかもしれない。

だからといっておいしさそのものが「75/100」なのではなく、あくまでおいしさは「13/100」である。

「100人中75人がA社のお茶よりB社のお茶がおいしいと言っています」という文言を見たとき、脳内で勝手に「おいしさ=75」と変換してしまうことも多く、そうなればメーカー側の思惑どおりだろう(そもそも、「おいしさ」を比例尺度で表した時点で筆者の思惑が入っており、この設定を違和感なく受け入れた方は、数字の受け止め方に注意しよう)。

このように、「比例尺度」に代表される数字表現と出合ったとき、まずはそれを見破れることが重要である。分母は数(規模、サンプル数)を、そして分子は「その数字が何を意味するのか」を考えることが得策だ。

数字で言ってはいけない

数字を使うことで説得力が弱まるケースも存在する。

たとえば、「一見さんお断り」の高級カフェが京都にできたとする。そこで出されるコーヒーは「1杯3万円」という驚きの値段だが、静かな茶室のような店のしつらえと、シンプルなカップで運ばれてくるコーヒーは文句なくうまく、予約が何年待ちという状態だ。そんな中、無類のコーヒー好きのあなたはようやくそのお店に行くことができ、1杯口に含んだあと、バリスタにこう問う。

「このコーヒーはどういうコーヒーで?」

するとバリスタはすらすらこう答える。

「コロンビア産の豆50%にグアテマラ産の豆20%、インドネシアの豆30%をブレンドし、生豆から3分、10分、15分と時間を追って焙煎し、82メッシュに引いた粉を斤量1.2gの濾紙に18g入れ、82℃のお湯を0.5秒につき5mlずつ注いて淹れたものです」

これは相当に具体的だし、数字という客観性があるので再現性もある。

ただ、大抵の人にとっては「1杯3万円のコーヒー」をいただくにはふさわしい説明ではないだろう。これは「合理的な考え+数字」だと、「おもてなし」にならない、ということであり、「人対人」が重んじられる空間であれば、数字よりも「ある種のあいまいさ」が大切になってくることを示している。

次ページ京都の舞妓が教える「腑に落ちる伝え方」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT