保険見直しは「保障額」の金額のみに注目せよ

詳細を見るとわからなくなってしまう

仮に、10年以上前の契約で、毎月2万~3万円の保険料を払い続けている場合、すでに200万~300万円程度の払戻金があるでしょう。したがって、この類いの契約を継続している人は、大病に罹った場合など、解約しておカネを用意する手があるのです。

たとえば、3大疾病になった際、300万円くらいの保険金が支払われる保険への加入、あるいは特約の付加や継続などで悩んでいる人は「すでに契約中の保険の中に相当額のおカネが積み上がっている。それを引き出すだけだ」と考えたらいいのです。

払戻金が100万円程度の場合でも「がん保険の診断給付金の額くらいは、すでに用意ができている。日額5000円の入院給付金なら200日分、持っていることになるのだ」と評価したらいいでしょう。

入院時などに「今、(貯蓄性がある保険を)解約したら、払った保険料に対してマイナスになる」「差し引きゼロになるまで解約できない」などと言う人がいますが、よくある間違いです。

100万円程度の給付であれば保険は不要

「契約後、代理店に支払われた手数料が戻ってくるだろうか」などと想像してみてほしいのです。今あるおカネやこれから手にできるおカネをどう扱うか、という問題なのです。「いつでも100万円くらいの払戻金が手に入るのだから、100万円程度の給付額が約束されている保険への加入は不要」と判断するのが賢明なはずです。

リスク管理の本などでは、保険はリスクを「移転」する手段と説明されています。自己資金で対応できないリスクを保険会社に負ってもらう仕組みだからです。その代わり「移転料(保険料)」がかかるので、自力で対応できる事態には、保険を使わないほうがいいのです。

一方、自己資金などでリスクに対応することは、「リスクの保有」と言います。長年、損保系生保などで商品設計などにかかわってきたある専門家は、一般の人たちが、諸々の不安からか、忘れてしまいがちなのは「リスクを保有する重要性」だと語ります。筆者も同感なので、最後に引用しておきます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT