明治大学は「ディズニー留学」で単位も給料も

バンカラ校が「女子高生の憧れ」になった理由

「切り替えができるなら、どんどん遊べ、と言われました。同僚と遊びに行ったりもよくしていましたし、朝番でしたら夕方以降は時間がありますから、寮に戻って他の留学生たちと一緒にご飯を作ったり、というのも楽しかったですね」

寮にはシステムキッチンがあり、共同のリビングルームもあった。ここで、世界中から来ている留学生たちと一緒にコミュニケーションができたそうだ。

「アジアでは、中国、韓国の学生が多かったです。日本人よりもずっと英語をしゃべれますし、差を感じました。日本人はそもそも少なくて、とても珍しがられました」

接客の仕事では、難しさを感じることもあったという。

「アジア人、日本人の1人として、アメリカ人が求めるホスピタリティに対して何を発揮できるのか、改めて自分自身を問い直すことができたと思っています」

このディズニー留学で得られたものは大きかったと語る。

「積極性という部分が大きく変わったと思います。黙っていると相手には何も伝わらない、というのが海外なんです。私はこう思う、こうしたい、と主張し、時には議論して方向修正していく。そういうことの大切さを強く実感しました」

ディズニーが教えてくれた日本人としてのおもてなし

就職活動の際、面接では必ずディズニー留学の話を聞かれたそうだ。留学で会社選びの軸も変わったと語る。佐藤さんは、いまこそ留学にぜひ行くべきだ、という。

「2020年の東京オリンピックが迫っています。おもてなしという言葉が騒がれていますが、日本人として海外の人を迎え入れなければならないわけですよね。海外からは、とても大きな期待をされています。そこにきちんと応える準備ができているかどうか。精神論的にも勉強としても働くということにおいても、日本人としてのおもてなしを、日本人としてできる準備ができているか」

ディズニーのインターンシップは、その大切さを教えてくれたと語る。

「いまなら東京オリンピックにも間に合います。日本に対する興味津々をひしひしと感じながら、アメリカのおもてなしというものを吸収して日本に帰ってきてくれたら、若い人も日本の大きな力になると思うんです」

明治大学国際日本学部では、ディズニー留学以外にも、2015年度からハワイでのプログラムもスタートさせている。ヒルトン・ワイキキ、アウトリガーリゾーツ、さらには日本航空(カウンターおよび空港業務)、JTBの4社と提携、4カ月ほどのインターンシップを行う。こちらは報酬の出ない行き先もあるという。定員は約20人。

また、来年からはバリ島でのプログラムも始まる予定だ。デンパサールにあるインドネシアの国立ウダヤナ大学と協定を結び、3カ月大学で勉強して、3カ月インターンシップを一流ホテルで行う。こちらも定員は20人を予定。

ディズニー・ワールド、ハワイ、さらにはバリ島でのインターン留学。明治大学は、いまやこんなことをやってくれる大学になっているのだ。だから、女子高生にも大きな人気となっている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT