「子どもの英語教育」、よくある誤解と4大秘訣

「普通の家庭」でできる、おすすめの方法は?

日本で生まれ育ってもバイリンガルになる方法はあります(写真:TATSU / PIXTA)
「英語が話せる子どもに育てたい」――そう思ったことはありますか?
私は今「お迎えシスター」というサービスを運営しています。「お迎えシスター」では、「子どもたちにロールモデルを」というコンセプトのもと、学校への「お迎え」と「自宅英語レッスン」を一緒に行っています。
私は幼少期から大学を日本、アメリカ、中国、韓国で過ごしました。 幼少期は普通に使っていた英語も、帰国後ほとんど使う機会がなく忘れていました。それが、「放課後のお姉さん」との出会いがきっかけで「語学を学ぶコツ」体得でき、大人になってからも効率的に学ぶことができたのです。
「大人になってからの語学学習は難しい」とよく言われていますが、実はそうではありません。「大人だから語学学習が難しい」ではなく、「英語が話せる子ども」は「英語を身に付けるコツ」をきちんと知っているのです。
自分が幼少期に体験したことや、今までに1000人以上のバイリンガルやマルチリンガル(複数言語話す人)、800人以上の子どもたちと出会ってわかったこと、会得したことをもとに、「英語が話せる子ども」になるコツを、これから紹介しようと思います。

過熱化する「英語教育」に悩む親が続出!

「どうしたら、子どもが英語を文章で話せるようになりますか?」

これは、私が「お迎えシスター」を運営してきて、いちばん聞かれた質問です。

2020年までに全国の小学校で英語教育が必修化することを受け、英語教育は過去最高の加熱化を見せていますが、それとともに親御さんから「まず、何から始めたらいいんだろうか」という相談を受けます。

しかし「英語教室や英語のアフタースクールに行かせているけれど話せるようにならない」「やはり日本でバイリンガルにするのは無理なんだろうか」「やはり親が話せないと難しいのだろうか」という話も多く聞くようになりました。

実は、「お迎えシスター」というサービスは、私の原体験が始まりでした。 私の両親は私が幼いころから共働きでつねに忙しかったため、6歳下の妹が生まれたときに「私たちの『お迎え』をしてくれる人」を募集することにしたのです。

次ページよくある「3つの誤解」とは?
関連記事
トピックボードAD
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。