「子どもの英語教育」、よくある誤解と4大秘訣 「普通の家庭」でできる、おすすめの方法は?

拡大
縮小

次のポイントは、視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚などの「五感を使って覚える」ことです。

「親が楽しむ姿」は、子どもにも楽しく伝わる

【3】「五感」を使って覚える

人間の脳は「五感」を働かせて記憶するとき、より強く記憶する性質があり、使っている感覚器官が多いほど、長期間にわたって残りやすいと言われています。

小学校では音読の宿題が出ると思いますが、これは自分で「読む(視覚)」と「聞く(聴覚)」を使っているので、本の内容を定着させるためには非常に効果的なのです。そして、この方法は普段の生活の中でも応用可能です。

たとえば、冷凍しておいたものを子どもが触り「冷たい!」と言ったときに「冷たいは『cold』」と言うんだよ」と教えたり、重いものを運ぶときに子どもに持たせて「とても重いは『This is very heavy』」と教えたりします。

子どもは、「冷たい」という感覚や、「重いから持ちたくない」「重くても持てる!」「かっこいいところをママに見せたい」というような感情と言葉がセットになって覚えられるので、忘れにくくなるのです。

【4】「親が語学を楽しんでいる」姿勢を見せる

幼少期の記憶や印象は、その後の「子どもたちの成長と社会とのかかわり」に大きな影響を与えます。

そのため、「親」といういちばん身近なロールモデルが「語学を楽しく使っている」姿を見せることは、子どもにポジティブな印象を残すことができます。

「お迎えシスター」では、先生を採用するときに必ず「あなたのロールモデルは誰ですか。それはなぜですか」という質問します。

多くの方が「母」もしくは「父」と答えるのですが、その理由はとても心打たれるものがあります。

「母は損得を考えない人だから」「母は楽しく生きるということを教えてくれた」「父は、無口だけど絶対にセコいことはするな、ということを背中で教えてくれた」

子どもは親が思っている以上に親のことを見て、親を尊敬しているのです。

「語学を学ぶということは世界が広がるということ」

これは、幼少期に学んだかけがえのないことだったと思っています。

私は、子どもたちとさまざまな角度から物事を見て、子どもたちの好奇心を最大限、引き出してあげたいと思っています。 そして、誰よりも子どもたちの好奇心に寄り添える存在でいたいと考えています。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT