明治大学は「ディズニー留学」で単位も給料も

バンカラ校が「女子高生の憧れ」になった理由

ディズニー好きでなくても1度は行きたい、米国の「ディズニー・ワールド」(写真:Abaca/amanaimages)
「生徒に人気がある大学」で3年連続トップ(大学通信調べ)の明治大学を徹底取材して、『あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか?』を出版した上阪徹氏に、取材中に最も印象に残ったというディズニー留学について寄稿してもらった。

アメリカ・フロリダ州オーランドにある「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」。東京の山手線の内側がほぼ2つ分入ってしまうという約122平方キロメートルの敷地を持つ、世界最大のディズニー・リゾートだ。

そのスケールはテーマパークの枠を超えており、全米はもちろん世界中から人々が押し寄せ、長期滞在する人も多い。ディズニーファンならずとも1度は訪れてみたいアメリカ有数のリゾートだが、とりわけディズニーファンにとっては、文字どおり、一生に1度は絶対に行ってみたい垂涎の場所といえるに違いない。

もし、このディズニー・ワールドに大学在学中に勉強として行けることになったら……。それどころか、インターンシップ留学として4~5カ月間テーマパーク内で働くことができるとしたら……。休みの日や仕事が終わった後には、好きなテーマパークにいつでも遊びに行ける、なんて特典があったとしたら……。

5000人以上の学生が夢の国で学びながら働く

『あの明治大学が、なぜ女子高生が選ぶNo.1大学になったのか? 奇跡を起こすブランドポジションのつくり方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

実は本当にこんなことができてしまう大学があるのである。創立から136年の歴史を持つ明治大学だ。2008年に新設された国際日本学部では、翌年から新たな留学制度をスタートさせた。それが、学部間協定留学「フロリダ州立大学ウォルト・ディズニー・ワールド提携アカデミック・インターンシップ」だ。

フロリダ州立大学に留学し、アメリカのディズニー・ワールドでインターンシップをすることができるというプログラム。この制度を使って毎年、日本から四十数人の学生が本当にアメリカに渡り、ディズニー・ワールドに4~5カ月間、滞在。インターンシップとして働き、空いた時間にディズニーざんまいという時間を過ごしているのである。

次ページこの制度をつくった理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT