「半沢直樹」に熱狂する、バブル世代の悲愁

本当に倍返ししたら、4倍返しでクビになるだけ

ムーギー:城さんもはまったんや。どこではまったんですか、城さんほどの方が。

:サラリーマンの閉塞感を描いたリアリティと、それを突破する痛快さの両方があるんです。それがひとつめの理由。もうひとつは、1話ごとに起承転結がはっきりしているんですよ。今期はもうひとつ『Woman』というすごく評価が高いドラマがあるんですが、こちらはどん底状態のままで引っ張って引っ張って、という旧来ながらのスタイル。最後に起承転結がワーッとくるみたいな。

ムーギー:なるほどね。でも今の視聴者はそんなに待ってくれないから。

:そう。ところが「半沢直樹」は1話ごとにちゃんと起承転結があるんですよ。

――「倍返し」はどう思います? 「倍返し」といえば、半沢とセットで語られるキーワードじゃないですか。

:倍返しという発想を入れているのはポイントかもしれないですね。組織の中にいると、押して忍んで忍んで、最後に引き上げてもらえばいいやという感じでしょ。だから、倍返しというアイデア自体、組織の中では絶対ありえないんですよ。

ムーギー:本当に倍返ししたら、4倍返しでクビになりますもんね。無邪気な視聴者があれを見て興奮して、本当に上司に倍返ししようとしないことを祈りますよ。でも人間の持っている復讐欲を満たしてあげるというか、攻撃的な本能を体現してやることで人気をとっているのかも。

:今までの日本のヒーローは、倍返しなんかしないでしょう。自分が折れて折れて、最後は相手がわかってくれるという感じだから。自分が受けたダメージ以上に殴り返すという発想がなかった。逆に言えば、それくらい今の40歳は閉塞感が強いのだと思います。

ムーギー:なるほどね。これは日本のいろんな社会現象に共通しているかもしれませんね。

:人事部だった経験から言うと、バブル世代って今40代後半ですよね。物語の中の半沢と同じ世代なんだけど、バブル世代はその過半数がヒラ社員のまま終わっているんですよ。課長昇格って、だいたい40歳ぐらいで白黒ついちゃうから。20代の頃、ずっと滅私奉公をしてきたにもかかわらず、自分は報われないんだということがはっきりしてくる。そのせいか、あの世代はうつ病などのメンタルトラブルが非常に多い。「半沢直樹」というドラマは彼らに対して届いているという気がします。

次ページグローバルエリートの講評
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。