UUUMの原点は「YouTuberのお悩み解決」だ

話題の新興企業トップにロングインタビュー

小林:クリエーターがコンテンツを配信するプラットフォームとしては、引き続きYouTubeが中心になっていくと思われますか?

鎌田:Instagramなどをやっているクリエーターもいますが、それでもYouTubeに大多数のクリエーターが集まるのは、YouTubeがいちばん経済的なメリットが高いからです。僕らはよく言っているんですが、テレビタレントの場合、有名になるのはテレビですが、稼ぐのは現場での営業ですよね。それに対してユーチューバーは有名になるのもおカネを稼ぐのもYouTubeなので、そこですべてが完結する合理的なビジネスなんです。だからUGCではこれからもYouTubeが中心になると思います。

小林:よく聞かれる質問だと思いますが、YouTube側が条件を変えてくることに対するリスクはないんですか?

鎌田:確かによく聞かれますね。もちろんリスクはあるんですが、プラットフォーム側にとってもUGCのコンテンツがあることが重要なので、条件を変えることでクリエーターが離脱するというリスクを今の段階で取るとは考えにくいんです。

月3万本の動画を生み出すコンテンツ企業

小林:なるほど。YouTubeを柱にしているとはいえ、お話を伺っていると、UUUMの業務内容を一言で簡単には説明できないという印象を受けました。でも多くの人は、「芸能プロダクションみたいな会社」だとか「動画広告の会社」など、一言で表現したがると思うんですね。鎌田さんはUUUMのことをどう説明しているんですか?

鎌田:可能性を感じてもらえる方には、「月3万本の動画が生まれている」と言えばコンテンツを作っている会社だと理解していただけます。そこからインフルエンサーマーケティングなどにもつなげていけると思うんですが、ご年配の方やYouTubeをあまりご存じない方には一言で説明したほうがいいとも思うので、「マネジメント会社です」って言ってますね。まだ認知が進んでいない今の段階では仕方ない面もありますが(笑)。

小林:これからのビジネスの可能性として、最近ライブコマースにいろんなプレーヤーが手を出し始めていてトレンドになりつつあると思うんですが、この領域は御社の業務の延長線上にあるんですか?

鎌田:僕らがよく言うのは、動画というのは情報伝達手段の1つにすぎず、これだけでビジネスにできるのはプラットフォーマーなどごく一部だということです。幸い、僕らはそこに位置しているんですが、後から入ってくる場合には動画を使って何をするかを考えるのが正しいあり方なのだと思います。その中でECの分野というのはかなり可能性があるとは思います。だからそこに多くのプレーヤーが入ってくるのは当然だし、協業先にもなりうるとは思います。

次ページ12兆円という数字に込めた期待
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT