ラグビーW杯日本大会は準備の遅れが深刻だ

総括団体からダメ出し、海外メディアは酷評

W杯開幕日の2年前イベントがSHIBUYA 109前で開催。この日からW杯の優勝カップが全国を回っている(写真:NOBUHIKO OTOMO)

「お前の国でワールドカップやるまであと2年だよな……。もう、ヨコハマに行くプランを立てているよ!」

この連載の一覧はこちら

9月下旬のある日、ロンドン東部にある会社に行ったらいきなりそんな声をかけられた。そう、日本でラグビーW杯が開かれるまで、あと2年という節目をすでに超えている。

英国だけでなく、オーストラリアやニュージーランドなど、ラグビー強豪国に住む日本人のもとには、早くも「再来年の秋には日本に連れて行ってほしい」「ラグビーを見に一緒に行こう」といった誘いが聞こえてきているはずだ。

今から2年先のことを気にかける彼らの中は、「決勝トーナメントの約1カ月間、現地に滞在する」、あるいは「W杯の期間中、開催国でずっと応援する」といった驚異的なファンもいる。だから、少しでも早くから「休みの期間」を周りにネゴる必要があるわけだ。

ファンは日本でのラグビーの祭典に心を躍らせている

アジアで初めて開かれるラグビーW杯は、2019年9月20日に味の素スタジアムでの開幕戦で熱戦の火ぶたが切られる。決勝戦は11月2日に横浜の日産スタジアムで行われる運びだ。

2011年の東日本大震災で被災した岩手県釜石市も開催地のひとつで、津波で大きな被害を受けた三陸海岸沿いの鵜住居(うのすまい)では現在、スタジアムの建設が進められている。

ホスト国となる日本は、前回の2015年イングランド大会で優勝経験のある南アフリカに勝ち、「スポーツ史上最大の奇跡」「ありえないジャイアントキリング」などと世界を大いに驚かせた。そんな追い風もあり、海外のラグビーファンの間では、「ジャパンの活躍をこの目で見てみよう」「W杯を機に、遠くて行く機会がなかったニッポンへ行ってみよう」と日本でのラグビーの祭典に心躍らすのも無理はない。

次ページラグビーW杯とは何なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。